ひとり劇場

グダグダ学校生活

第1話

第1話
グダお
いってきまーっす
名無しさん
あら、いってらっしゃいグダ君
グダお
あ、管理人さん。 いってきます
管理人さん
ええ、気をつけていってらっしゃい
グダお
(相変わらず美人さんだなオイ)
グダお
(でも性格がしっかりしすぎて怖いんだよなぁ...前はちょっと「おいた」な考えを持っていたけど、いまではオナネタにすらしなくなった)
帰宅後
管理人さん
グタ君っ、またこんな時間まで遊び歩いてぇ! 心配するではありませんか!
グダお
嬉しい反面、ちょっとめんどくさいところがある人だ
ライコウ
何ですか?
グダお
あ、なんでもないですごめんなさい
管理人さん
全く...ぅ。貴方という人は____
こっから10分くらい小言が続く
グダお
そんな管理人さんが経営する、怪奇アパートにすまさせて頂いている私。それからというもの不思議なことが起こるようになっているのである
コンコン(玄関ノックノックの音)
グダお
もちろん、怪奇というからにはそれなりの根拠があります
コンコンコンコンコンコン
グダお
はいはい出ますよっと
グダお
(今の言い方ロビンに似てたなぁ)
グダお
どちらさん?(不用心であるか?いやこの世界に防犯という言葉は、意味をなさないのである)
清姫さん
こんばんはグダ君ぅん
グダお
あ、ハイこんばんは
あらぁ〜狂(くるっ)トリオの1人だ
グダお
(右隣に住んでいる見た目は可憐な住居者。色々と危ない人、今晩もまた薄着でくるし)
清姫さん
よかったら晩御飯作りすぎちゃったんだけど、もらってくれないかしら?
グダお
いいんですか?ちょうど食べてなかったのでありがたいですっ
清姫さん
えぇ...ではウチにいらしてください?
いやなんか鍋とかに入れて持ってきてくれた訳じゃないんかーい
グダお
(たしかに手ぶらだもんな清姫さん。部屋に連れ込む気満々じゃないですか)
グダお
あのぉ、部屋に入るのは恐いので遠慮します
清姫さん
まぁっ、なにをそんなに怯えるので?おそろしいことなんて何一つありませんのよぉ
グダお
(もうすでに恐い)取り敢えず無言で困っとこ
清姫さん
はぁ......わかりました。本当にアナタは恥ずかしがり屋なのですねぇ、ですが次こそは是非応じてくださいなぁ
3分後
グダお
結局きよひーさんに往復してもらって鍋もらっちゃった
グダお
(変なの入ってないといいなぁ)あれ、美味しい?
グダお
そんなこんなで食い終わり、一人の時間が流れる
スチャ
グダお
ことはないようだ
静謐さん
若様......
グダお
勝手に人の部屋。上がんないでくれる?
静謐さん
申し訳ございません
この人はトリオの二人目。いつも仮面を被っているこれまた危ない人。お仕事はなんか裏世界の事をしているって言ってた
グダお
謝るけど直さないよねぇ。んで...要件はなんざしょう?
静謐さん
はい...今夜は若様の布団で寝かせてもらえないでしょうかと
グダお
んんん......毎回思うけど、なんでそんなにこだわるの?
静謐さん
それは......
グダお
静謐さん
若様が......
静謐さん
私の
グダお