ひとり劇場

MagicFestival【イチゴと晴也】

オリキャラのなんちゃってノベルその2です!

緑川 慈音
MagicFestival
【いちごと晴也の巻】
栃木 苺
ゲホッ…ゲホッ…
栃木 苺
重い体をなんとか起こし、机に置いた水に手を伸ばす

頭がふらふらしているせいか
部屋がゆっくりと揺れているかのような錯覚に陥る
栃木 苺
気持ち悪い……
栃木 苺
私、栃木いちごは珍しく風邪を引いてしまい、家のベッドに横たわっている

お母さんは仕事に出ていったし、妹のすかいとべりぃは学校に行ってしまったので

家には私1人
栃木 苺
なんで今日風邪ひいちゃったかなぁ…
栃木 苺
無音の部屋というのも寂しいもので、
誰も聞いていないことをいいことに
一人呟いてみる



今日は実は幼馴染の群馬ふれんずフジハレこと晴也の誕生日だったんだ…
今日だけは休めなかったのに……


フジハレは単に幼馴染というだけじゃなくって


片想いの相手でもあるの

ぶっきらぼうに見えるけれど、ほんとはすごくすごく優しくて、心があったかくなるような

そんな人。


茨城出身のルキナとフジハレ、そして私の3人は
周りからは「北関東トリオ」って呼ばれていて
3人でいることが多い

ルキナは私のフジハレに対する想いには気づいているようですごく暖かい目(?)で見てくれている

……のかな


そんなルキナに背中を押してもらいながらも

なかなか気持ちを伝えられずにいる


誕生日だからケーキくらい作りたかったな…

レシピも考えたのに。。。
栃木 苺
あれ、水がない…
栃木 苺
いつの間にか飲み干してしまったみたい

コップを手にフラフラとキッチンに歩こうとする


体が

重い



頭が

痛い



…………ドタッ……………‼️




多分、あまりのだるさにキッチンで倒れたんだと思う
起き上がる力もないまま

私の記憶はそこで途絶えた
栃木 苺




どのくらい時間が経ったのかな…



目が覚めると私はベッドに横たわっていた
栃木 苺
あれ……寝てたんだっけ…
栃木 苺


いや違う


まともに頭が回らない
最後にあったことを思い出してみる


確か

キッチンで倒れて…
藤本 晴也
よっ!
友野 でいご
視界の隅から見慣れた顔



赤っぽい茶髪に

透き通った緑色の瞳
栃木 苺
キャーーーーーーーーーー‼️‼️‼️
栃木 苺


なんだ

私にも大声出せる力残ってるじゃん





いや、そうじゃない
藤本 晴也
お前なぁ…
藤本 晴也
呆れた顔のフジハレ

いやいやいや
栃木 苺
…なん……で…?
栃木 苺
心臓のバクバクが止まらない

苦しいくらい
藤本 晴也
お見舞い
先生に聞いたんさ
栃木 苺