ひとり劇場

人狼ゲームinアルケミアストーリー

0日目[昼]〜囚われの15人〜

放浪者ニコルが死んだあの後、魔物ちゃんは参加者一同に、夜まで自由行動を取るように指示した。 一同が目を覚ました、巨大なテーブルのあるあの部屋が、人狼ゲームを行う会議室であるようだ。 唯一の両開きの扉を開けると、その先は広めの一本の通路になっている。左右の壁には扉が八つずつ、合計十六つ並んでいる。 簡素なテーブルとクローゼット、そしてベッドしかないこの部屋が、参加者がゲーム中に寝泊まりを行う場所であった。
見習い冒険者アネリ
「はぁ……」
見習い冒険者アネリは、個室のベッドに腰かけながら嘆息した。放浪者ニコルの最期が、脳裏に焼き付いて消えない。 集められた人間は、全員アネリの見知った顔であった。その中でもニコルは、仲の良い方であったのだ。 彼は確かに、常識に欠ける人物であったが、決して悪人ではなかった。なのに、死んでしまった。 この状況を仕組んだ人狼が、仲間の中に3匹も潜んでいる。暗澹たる気持ちにならざるを得なかった。 その時、部屋の扉が強く叩かれた。
見習い冒険者アネリ
「は、はいっ!?」
「おーいアネリ、いるんだろ?」
見習い冒険者アネリ
「レオン?」
アネリはベッドから降り、扉まで歩み寄って取っ手を引いた。 通路には戦士レオンと、バーテンダーラスティが立っている。
見習い冒険者アネリ
「二人とも……どうしたの?」
戦士レオン
「せっかくだしよ、ここん中を探索しねぇか!?」
バーテンダーラスティ
「どこに何があるかは知っておいた方がいいだろうからね」
戦士レオン
「他の皆も、結構色んな所に行ってるみたいだぜ!まー色々悩ましいけど、じっとしててもしょうがねー系だしな!」
見習い冒険者アネリ
「そっか……そうよね。わかった!行こ行こ!」
アネリ達は連れ立って、通路の奥側へと歩き始めた。 アネリは、この二人と交流が深い。冒険者になってから、戦いに関することは全てレオンに教わった。 ラスティとは、家が近いこともあって、よく相談相手になってもらっている。 心細い状況下でも、この二人がいてくれることが、アネリにとって支えだった。
【食堂】
見習い冒険者アネリ
「ここは……食堂かしら」
バーテンダーラスティ
「そうみたいだね。何日も監禁されるんだし、ご飯が食べられないとまず餓死しちゃうもんね」
料理人エイダ