ひとり劇場

三ろが行く『刻限祭り』【CoC】PART2

RKRNの3年生がクトゥルフ神話TRPGをしています。オリジナルシナリオ、ダイスはウェブダイスを使用。ハウスルールはPART0参照。ルール間違いあるかもしれませんふわっと見てください。

伊賀崎孫兵
時刻は13時、君たちは角森村へと到着したよ。まずこれからどうする?
富松作兵衛
13時ってことは昼飯はSAですませてるよな。なら取り敢えず宿へ行くか。
神崎左門
そうだな。荷物も起きたいし先にチェックインもすませたい。
伊賀崎孫兵
なら車を10分ほど走らせれば無事に宿へは到着したよ。宿の名前は美純旅館。決して大きくはないが木造の美しい旅館だ。玄関の看板は非常に年季が入っておりこの旅館が古くから続いていることを教えてくれるね。
神崎左門
予約をしたのは僕だからな。先に入ろう。受付はあるか?
伊賀崎孫兵
あるけど無人だ。
伊賀崎孫兵
受付で紫門が大きな声を上げると奥からバタバタと音がして、男の人が出てきたね。見るからに旅館の人だ。
伊賀崎孫兵
旅館の男性『大変お待たせいたしました。私、この旅館の主人で久木と申します。もう1度お名前を確認させて頂けますかな?』
神崎左門
『本日から2泊お世話になります。神田紫門と申します。』
伊賀崎孫兵
久木は紫門の名前を聞くと丁寧にお礼を言って台帳をめくって確認するね。
伊賀崎孫兵
久木『はい、神田様3名様ですね。お待ちしておりました。ようこそ美純旅館へ、お部屋へご案内いたします。』
伊賀崎孫兵
久木はそういうと探索者達の荷物を受け取り2階へと案内する。
富松作兵衛
待て、その前に旅館は結構大きいのか?
伊賀崎孫兵
小さくはない、かな。大きくもないけれど。
次屋三之助
旅館全体の地図とかは受付近くにあったりする?
伊賀崎孫兵
残念ながら無い。お風呂はこちらって天井から部屋の案内がつってあるタイプ
次屋三之助
分かった。部屋で説明聞くよ。
伊賀崎孫兵
3人が案内されたのは2階の角部屋だね。荷物を置く君たちに久木は説明を始めるよ。
伊賀崎孫兵
久木『改めまして、本日は当旅館におこしくださり誠にありがとうございます。早速ではありますが簡単なご説明だけさせていただきます』
伊賀崎孫兵
久木『お夕食は20時00分から。1回食堂にて、もしくはお部屋にお持ちさせていただきますがどちらにしましょう?』
神崎左門
そうだな、どうする?
次屋三之助
作戦会議をする時間が取れるかどうかだよね
富松作兵衛
俺は食堂でいいと思う。情報共有よりも取り逃しの方が痛い
神崎左門
そうだな。『食堂でいただきます』
伊賀崎孫兵
久木『かしこまりました。お風呂は1回食堂の奥に大浴場がございます。16時から25時、朝6時から14時までのご利用となっております』
伊賀崎孫兵
久木『朝食は食堂にて、朝の8時からでございます。それから館内は原則禁煙とさせていただいてます。お煙草を吸われる際はあちら窓側で換気の上か、二階奥に喫煙室がございます。』
伊賀崎孫兵
久木は説明を終えるとなにかご質問等ございませんか?と聞いてくるよ。
神崎左門
『そうですね、この辺りでどこか観光できるところはありませんか?』
伊賀崎孫兵
久木『観光ですか。お客様は刻限祭りを見にこられたのですよね?』
神崎左門
『ええ、ですがあんまり詳しく知らないんです。奉納の儀があることぐらいしか。』
伊賀崎孫兵
久木『それはよかった。今年の奉納の儀は当旅館で働いている中居がつとめるんですよ。』
富松作兵衛
『中居さんが?そういうのって神社の神主さんがされるものではないんですか?』
伊賀崎孫兵
久木『いえ、刻限祭りでは開催のたびに村で一番美しいと言われる娘が選抜され奉納の儀を舞うことになっているんです。』
次屋三之助
『へえ、是非ともお話してみたいですね。今日は出勤なさってるんですか?』
伊賀崎孫兵
久木『ええと、夕方までだったと思います。夜に神社へ行かなければならない言っていたはずなので』
富松作兵衛
これはできるだけ今のうちに接触しておきたいな
神崎左門
出かける前にさくっと館内を見ていこう。上手く行けば出会えるだろうさ。
伊賀崎孫兵
久木『ええと、すみません話がずれましたね。観光できる場所でしたよね』
伊賀崎孫兵
久木『刻限祭りを見に来られたとのことですし、瀬尾神社はいかがでしょうか。』
伊賀崎孫兵
久木『奉納の儀が行われる神社です。明日は屋台で人が多いと思いますので、ゆっくりお参りするならぜひ本日。』
次屋三之助
『それはいいですね。是非とも行ってみたいのですが地図などありますか?』
伊賀崎孫兵
久木『少々お待ちください。』
伊賀崎孫兵
佐助の問いかけに対して久木は懐から紙とペンを出して簡単な地図を書いてくれる
次屋三之助
お礼を言って受け取るよ。
伊賀崎孫兵
他に聞きたいことは無いかい?無いなら久木は部屋をあとにするけど
神崎左門
大丈夫だ。財布やスマホ、スケジュール帳なんかを小さいカバンにいれて出る準備をするぞ
富松作兵衛
持ち物宣言はいるか?
伊賀崎孫兵
いや、最初に宣言してくれた中の持ち物ならかまわないよ。後で買い足し他場合なんかは宣言を要求する
伊賀崎孫兵
3人が久木からの説明を受け、持ち物を整理したところで時間は13時20分だね。旅館の中を見て回るってことでいい?
富松作兵衛
ああ。他に泊まりに来てる客がいるかとかも知りたいしな。
伊賀崎孫兵
分かった。どの順番でみて回る?
神崎左門
取り敢えず2階からだ、奥に喫煙室があると言っていたな。この中の喫煙者は僕だけだろ?行ってくる
伊賀崎孫兵
他のふたりは?
次屋三之助
喫煙室の場所だけ一緒に確認に行くよ。それからは二階の様子を見て、一階へ降りる
伊賀崎孫兵
なら3人は喫煙所の場所まできたよ。中に入るのは紫門だけだね。
神崎左門
僕らの部屋からどれぐらい離れている?
伊賀崎孫兵
そうだね、紫門が走れば4ラウンド後には駆けつけられるんじゃない?
神崎左門
なるほど。じゃあ鞄から煙草を取り出して中に入るぞ
富松作兵衛
俺らは二階の間取りを確認したら下に行く。
伊賀崎孫兵
分断だね。部屋を分けるよ。先に紫門から始めようか。二人はちょっと外してね
次屋三之助
じゃあお茶でも買ってくる
富松作兵衛
待て!お前一人で行くな!
伊賀崎孫兵
ーーーーーーーー
伊賀崎孫兵
紫門、君は煙草を片手に喫煙室へと入る。すると中には同じぐらいの年頃の男性が1人、スマホを見ながら一服しているよ。
神崎左門
会釈する。向こうは友好的か?
伊賀崎孫兵
友好的とは言わないけど冷たい態度でもない。同じように会釈を返して、もう1度スマホに目を戻すよ。
神崎左門
ここで話さないと来た意味が無いからな。話しかけるぞ
神崎左門
『こんにちは、貴方も祭りを見に来たんですか?』
伊賀崎孫兵
??『ええ。まあ。』
伊賀崎孫兵
男の人は紫門に話しかけられると少し驚いたような、困ったような顔をしてスマホをポケットにしまう
神崎左門
『祭りを見にこられたのは初めてなんですか?』
伊賀崎孫兵
??『ええ。えっと、』
神崎左門
『すみません、僕は神田紫門です。ここに来たのは初めてで、色々ご存知なら何かと教えていただけたらと。』
伊賀崎孫兵
??『俺は三原悠也です。俺も来たのは初めてなんですよ。』
神崎左門
『じゃあこの辺りが地元ってことでもないんですね。驚きました。自分以外に祭りを遠くから見に来る人がいるなんて。』
伊賀崎孫兵
三原『ははっ。8年に一度の祭りがたまたま来れる日だったから来てみようと思っただけですよ。』
神崎左門
『もう観光とかはされましたか?』
伊賀崎孫兵
三原『ええ、この辺りをぐるっと。といっても散歩の域ですがね。』
神崎左門
ふむ、掴みどころがないな。これといって味方か敵かの判別ができない
伊賀崎孫兵
じゃあそんな君に三原は質問をしてくるね。
伊賀崎孫兵
三原『神田さんはおひとりでこちらへ?』
神崎左門
『いえ、友人とです。三原さんは?』
伊賀崎孫兵
三原『僕は1人です。』
神崎左門
『ではまた夜にでもお話しましょう。お部屋はどちらですか?』
伊賀崎孫兵
三原は快く部屋の位置を教えてくれるよ。紫門たちの部屋の、二つ隣の向かいだ
神崎左門
分かった。もう十分だ。最後に三原に目星は振れるか?
伊賀崎孫兵
大した情報は出ないんだけど、いいよ。
神崎左門
紫門:目星(25)→8 ○
神崎左門
おしい!
伊賀崎孫兵
僕はほっとしたけどね。こんなところでクリティカルだされても困るよ
伊賀崎孫兵
成功情報だね。見たところ三原に変なところはない。だが君は、君が三原をじっと観察したように三原も君のことを観察していることに気づく。
神崎左門
…それに気付かないふりをして部屋を出るぞ。にこやかにな
伊賀崎孫兵
分かった。じゃあ合流まで待っててね

2  

投稿日時:2018-02-18 23:32
投稿者:8町
閲覧数:24

↑このページの先頭に戻る