ひとり劇場

身内用2

身内用でつ

犯人
時系列順シナリオ
ロボ
左側は犯人側の意図がある行動
右側はそれ以外の行動
ロボ
前提
犯人
時間はあまりない(おじいちゃん側の都合?)
犯人
催眠は万能では無いものの簡単な指示をこなせる。音できっかけを作り、音で解除する系のヤツ。視界ジャック機能付き。
鳥目、暗い所ではよく見えない。

もしかしたら警察権限で使えるものと何かのハイブリッドなのかもしれない
犯人
一度本の強奪を試みたもののシャルルに阻止された。
犯人
事前準備
ロッタ
シャルルが誘拐される。警察には言ってないが、財団メンに相談。
偽物(死体)
くりぬかれた大型本の中に入っている
犯人
Aとコンタクト。
偽物入りの大型本を渡す
犯人
当日
容疑者C(財団メン)
相談された為図書館に。
容疑者A
本を返却に来る
大型本を図書館内に持ち込む
容疑者C(財団メン)
うっかり火災報知器を作動させる
ロッタ
カウンターから移動
容疑者A
本物と偽物を入れ替える作業の前に警報。催眠が溶け、正気に戻る。朦朧とした状態で現場を離れる。大型本は放置してしまう。
ロボ
大型本→元の場所へ戻す
偽物(死体)
大型本の中
本物