ひとり劇場

クー・フーリンとバレンタイン

うちのカルデアではこんな感じでした。

クーフーリン
おい、マスター
ちったぁ休めよ
働きすぎは体に毒だぜ?
ぐだ子
心配してくれてありがと
クー
ぐだ子
でも、今休んで後悔したくないから
ぐだ子
さてと、林檎はどこかな………
ぐだ子
──────────────────────
クーフーリン
なあ、嬢ちゃん
マスターは何をあんなに必死になってんだ?
マシュ
あの………他の英霊の皆さんには内密にしていただけますか?
マシュ
なんでも、『日ごろお世話になってるサーヴァントのみんなへのサプライズ御礼参り』を計画中らしくてですね
クーフーリン
あ?
クーフーリン
(御礼参りって言やぁ、卒業式にチンピラが先公をボコす類いのイベントじゃなかったか!?)
マシュ
ですから私、密かに先輩への贈り物を用意してるんです!
あの、先輩には内緒でお願いしますね
クーフーリン
お、おう
貢ぎ物は喜ばれると思うぜ(賄賂的な意味で)
マシュ
─────────────────────
クーフーリン
いくらか聞いて廻ってみたが
女どもは何かしら用意してるみてェだし、野郎も何か用意しとかねェとまずいかもな
クーフーリン
よし、そうと決まりゃ、こいつをこうして─────
クーフーリン
─────────────────────
ぐだ子
ぐだ子の声「ふいー、やっと出来た。そろそろ渡し始めようかなー!」
クーフーリン
(来たな)
ぐだ子
ぐだ子の声「誰かいないかなー…………あ、いたいたクーフーリン!」
クーフーリン
(腹くくるしかねェ!!)
クーフーリン
よっおはようさんマスタ──────(絶句)
ぐだ子
クー、いいところに
クーフーリン
(あ、死んだ)
ぐだ子
あ、この姿は林檎の副作用だから気にしないでね
ぐだ子
それより、いつもお世話になってるクー・フーリンに渡したいものがあってさ
クーフーリン
(引導をってか)
まあいいさ。それが嬢ちゃんの気持ちなら、オレは………
ぐだ子
はい!
ハッピーバレンタイン!
クーフーリン
お、こりゃまさか………
ぐだ子
チョコ。一応手作りだけど………嫌いだった?
クーフーリン
(どうやらとんでもねェ勘違いをしてたみてェだな、オレ)
クーフーリン
いや、こっちも用意してたんでおあいこだ。
いやいや、無駄にならないで良かった。
クーフーリン
(ほんと……ありがとな、マスター)
クーフーリン
END