ひとり劇場

あり得たかもしれないあり得てはいけない未来

これは、あり得てはいけない物語である

勇者#戦闘A
…………
僧侶#戦闘A
そんなに思い悩むのなら辞めちゃえば?
魔法使い#戦闘A
そうもいかんのだろう
戦士(キャストオフ)#戦闘A
………本当に私達は必要ないの?
勇者#戦闘A
あぁ、コレは俺と姉さんの問題だ
格闘家#戦闘A
………でも…とっても哀しい目をしてるよ?
斥候#戦闘A
うん、まるで死にたがってる、罰して欲しそうな目
聖騎士#戦闘
私にはどうしようも出来ないよ、貴方とウェルクリアさんがとても仲が良かったのを覚えているから
狩人#戦闘
決別なんて先送りにすればいい、だから、もう辞めよう?
勇者#戦闘A
それでも、いつかは決着をつけなくちゃ……もう先送りには出来ないんだよ
勇者の手には一枚の令状がある
「78代目勇者ヘイル=ヴェルハインよ、魔王ヘイル=ウェルクリアを討伐せよ」
この簡潔な文章が、いままで歪な関係だった姉弟の関係をぶち壊しにした
勇者#戦闘A
じゃあ、行ってくる
そういうと、勇者は闇の中へ消えた
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
………待っていたぞ、勇者よ
その目は泣き腫らした跡がある
勇者#戦闘A
ッ!
無言で剣が振るわれる
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
相変わらず速いな……(剣を大剣で受け止めながら)
勇者#戦闘A
(高速の3連斬を放つ)
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
無駄だ(手を前にかざす)
そうすると、勇者の身体は地面に沈み込むように倒れた
勇者#戦闘A
『重力』………の……力か……
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
あぁ、歴代最高峰と言わしめた能力の一端だ
勇者#戦闘A
はは……出し惜しみなんて出来ないや………
勇者#戦闘A
『加速————
勇者(加速世界)#戦闘A
————世界』
勇者の目からは全ての色彩が消え、輪郭だけがはっきりと見える
対して魔王側は勇者の目が黄色に染まる様子がはっきり見えた
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
人体の禁忌区域か……
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
(なぁ……本当に殺し合わなくてはならないんだろうか……)
勇者(加速世界)#戦闘A
(無言で剣を振る)
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
チッ、重力も無駄か、牙流で流される
勇者(加速世界)#戦闘A
喰らえ(腰を落とす)
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
マズイ!
勇者(加速世界)#戦闘A
呑龍!(音を置いて行くほどの速さで剣を振り抜く)
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
なっ……
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
ふぅ……冷や汗をかいたぞ(空間が捻じ曲がり、剣が逸れている)
勇者(加速世界)#戦闘A
やっぱりその能力は厄介だよ、姉さん
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
星姫の名は伊達じゃないのさ
勇者(加速世界)#戦闘A
『重力』『空間』『時間』、そして魔王としての能力で『星』。コレだけチート能力を安売りされちゃかなわないよ
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
なら降参すればよかろう、私は寛大だぞ?
勇者(加速世界)#戦闘A
巫山戯ないで姉さん。『俺達』は魔王を殺す平気だろ?逃げるわけないじゃん
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
だがどうだ?お前では私を絶対に倒せない
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
そこに戦う意味があるのか?
勇者(加速世界)#戦闘A
あるね、例え倒せなくても
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
お前は私に剣で勝ったことがあったか?魔術でも、体術でも、勇者としての力でも
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
なぁ、無駄な争いは辞めてまた仲良くしよう
勇者(加速世界)#戦闘A
姉さん………
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
さぁ
勇者(加速世界)#戦闘A
一つ……勘違いを訂正しましょうか
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
勘違い?
次の瞬間、勇者は魔王の背後に居た。そしてその間には空に舞う魔王の左手
勇者(加速世界)#戦闘A
姉さんとの勝負で本気を出したことなんてないんだよ?
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
ッ!?
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
(時間を巻き戻して腕を再生する)
勇者(加速世界)#戦闘A
それにね………コレにはもう一段階『先』があるんだよ
勇者(加速世界)#戦闘A
『血統魔術 〈秘奥〉英雄————
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘
なんだと!?血統魔術は失伝(ロスト)したはず!
勇者「ヘイル=ヴェルハイン」(英雄雷天)#戦闘A
————雷天』
金色に染まる勇者の頭髪、そして真紅に染まる勇者の瞳
魔王「ヘイル=ウェルクリア」#戦闘