ひとり劇場

【オリジナル】とある少女の一幕

少女のお話。

???
鍵のかかった真っ暗な部屋
???
ヴィル、いる?
ヴィルーア
いるよ。
???
よかった…
ヴィルーア
どしたの…?私はいつも一緒にいるでしょ?
???
…うん。…えっと、何でもないんだけど…
???
私ね、急に取り残されたような気になる時があって…
ヴィルーア
不安になった?
???
そう、そういう事…
ヴィルーア
大丈夫だよ、リィ。
ヴィルーア
リィはひとりじゃない。いつも私がいるから。
???
ねぇ、ヴィル。
ヴィルーア
うん?どうしたの?
???
…私って、なんて名前だっけ?
ヴィルーア
ヴィルーア
リーナ。
ヴィルーア
それが、貴女の名前だよ。
???
…そう、だよね。
リーナ
私は、リーナ…私は…
リーナ
…ありがとう、ヴィル。
ヴィルーア
ううん。
ヴィルーア
全然大丈夫だよ!
ヴィルーア
だって、私は、リィの味方だから!
リーナ
……ありがとう。
リーナ
おやすみ…
ヴィルーア
…おやすみ。
ヴィルーア
今日も…ごめんね。
ヴィルーア
次の日
???
リィ、起きて。
リーナ
ん…あ、おはよう…
リーナ
今、何時?
???
んと…0時くらいかな…
リーナ
…あわ…いつもより遅くなっちゃったね…
???
…そうだね…
リーナ
ねぇ…。
リーナ
貴女は…だぁれ?
???
え?
リーナ
貴女は…
リーナ
ヴィルなの?
???
…そうだよ?
???
ちゃんと…見てよ!
リーナ
…ぁ…
ヴィルーア
ほら、私だよ!ヴィルーアだよ!
リーナ
…ごめん
リーナ
そんな…顔してたんだね
ヴィルーア
…ぁ…そっか、私の顔…よく見てくれてなかったよね…
リーナ
…そうだね…
リーナ
ごめんね…ヴィル。
ヴィルーア
ううん。今見てくれただけで十分だよ。
リーナ
…優しいね、ヴィルは…
ヴィルーア
リィの事が大切なだけだよ。
リーナ
ねぇ、ヴィル。
ヴィルーア
なぁに?リィ。
リーナ
……過去の事が…分からなくなっちゃった。
ヴィルーア
リーナ
ねぇ、怖いよ…怖いよ…ヴィル…
リーナ
ヴィル…
リーナ
ヴィル?
リーナ
ヴィル…?いなくなっちゃったの?
リーナ
ねぇ、ヴィル!ヴィルったら!
リーナ
ヴィル!!!
リーナ
ヴィル………
リーナ
……
リーナ
数時間後?
ヴィルーア
…リィ。
ヴィルーア
……寝たかな。
リーナ
んぅ…ヴィル…
ヴィルーア
ッ!?
リーナ
いか、ないでよ…ねぇ…
リーナ
また、ひとりは…や、だよ…
ヴィルーア
……寝言…か。
ヴィルーア
…ごめんね、リィ。
ヴィルーア
『代償』を、貰っていくね……
ヴィルーア
ごめんね……
ヴィルーア
でも、これはリィが望んだことだから…仕方ないんだよ。
リーナ
ん…
ヴィルーア
リィは、
ヴィルーア
【あの時】、永久に孤独にならない…そんな『契約』をしたんだよね。
ヴィルーア
遠い昔
ヴィルーア
『召喚』したのは、【リリエル】、貴女?
リリエル
うん。そうだよ。
リリエル
ねぇ…『契約』してくれる?
ヴィルーア
その為に呼び出したのでしょう?
リリエル
そうなんだけどね…
ヴィルーア
…「汝の望みはなんだ…?」
リリエル
…「永久に孤独にならないこと」
ヴィルーア
「…汝の望み、叶えてみせよう、【悪魔の契約によって】。」
リリエル
…『代償』を教えてくれないかな?
ヴィルーア
…妥当なのは『記憶』
リリエル
…そっか。
ヴィルーア
…『代償』は『記憶』で構わないか?
リリエル