ひとり劇場

ある夜の泉と司

タイトル卑猥に聞こえるけど全然卑猥じゃないです。

朱桜司
あの、瀬名先輩
Izumi.S
なに?
朱桜司
ちょっと相談したいことがありまして
朱桜司
夜分遅くにすみません…
Izumi.S
ほんとだよねぇ、肌荒れる
Izumi.S
ま、聞いてやらなくもないけど
朱桜司
ありがとうございます…!やっぱり瀬名先輩は優しいですね☺️
Izumi.S
いいからそういうの
Izumi.S
用件さっさと言ってくれる?
朱桜司
あ、ごめんなさい
朱桜司
えっとですね
Izumi.S
うん
朱桜司
今日、好きなsnack菓子の新作が出たんです
朱桜司
購買見に行ったら、置いてあったので
朱桜司
買ったんです
Izumi.S
食べたの?
朱桜司
いえ、食べてませんよ
Izumi.S
じゃあなに?
Izumi.S
食べてたんなら説教のひとつやふたつしてあげたのに
朱桜司
それは結構…あの、間に合ってます
朱桜司
でですね
Izumi.S
すぐ話変えるとこ生意気だよねぇ
Izumi.S
それで?
朱桜司
えっと、単刀直入に申しますと
朱桜司
食べてほしいのです、これを
朱桜司
私が買った、この新作のたらこchocolate味のpotato chipsを
Izumi.S
ごめんもうねなきゃ
Izumi.S
おやすみ
朱桜司
ちょちょちょちょ
朱桜司
瀬名先輩stop!
朱桜司
逃げないでください
朱桜司
これはちゃんと食べていただかなければいけないのです
朱桜司
瀬名先輩がsnackを好んでいないことは重々承知しています
朱桜司
ですが!!!こればかりは!!!!
朱桜司
食べていただかなければならないのです…。
朱桜司
瀬名先輩
朱桜司
瀬名先輩
朱桜司
せーなーせーんーぱーいー!!!!
Izumi.S
あああああもううるさいな!!!!
Izumi.S