ひとり劇場

さよつぐ誕生日

紗夜
つぐみの部屋
紗夜
(付き合って始めて迎える羽沢さんの誕生日。家に呼んでもらえたのはいいけれど緊張してしまうわね)
紗夜
羽沢さん、誕生日おめでとうございます。良い年になりますように
つぐみ
紗夜さん、ありがとうございます
つぐみ
……
紗夜
あの、どうかしましたか?
つぐみ
い、いえ!何でもないですよ!何でも!
紗夜
羽沢さん、いくら私でもそれだけ慌てていれば誤魔化されませんよ
紗夜
何か思うところがあるなら遠慮なく言ってください。私は誕生日を祝うのにも慣れていないのでその方が助かります
つぐみ
えっと、それじゃあ…
つぐみ
あ、けど本当に大した事じゃないからなあ。うーん…
紗夜
そんなに困った顔をしていては説得力がありませんよ。それに言ってもらえたら私も嬉しいです
つぐみ
えっと、おめでとうって言ってもらえたのは嬉しいんですけど、前紗夜さんがリサさんにも同じ事言っていたの聞いちゃって…
つぐみ
それで私は他の人と同じなのか…なんて思っちゃって
紗夜
……
つぐみ
ってすいません!変なこと言っちゃって!気にしないでください!
紗夜
いえ、謝らないで。私が悪いんです。
紗夜
もう少し気の利いた事を言えれば良かったんですけど、どうしても同じ事を言ってしまうのよね。
つぐみ