ひとり劇場

幼女戦記×鋼の錬金術師 第二話 異世界の軍人

第二話であります。鷹の目さんの出番はまだです。(・ω・`)

アメストリス国
~アメストリス軍本部~
エドワード
なぁ、アル。
アルフォンス
どうしたの?兄さん。
エドワード
数日前、アメストリス軍に新しい新兵が入ってきたらしいんだけどさ。
そいつらはたったの一週間で錬金術を覚えて、更に一週間後に国家錬金術師になったヤツらがいるって話。
アルフォンス
あ、その話…。僕もホークアイ中尉から昨日聞かせてもらったよ。
アルフォンス
凄いよね…。たった一週間で錬金術を覚えちゃうなんて。しかも、その二人のうちの一人は確か9歳の女の子なんだよね…
エドワード
そうだな。
…でもまぁ、俺たちには適わないだろうけどな!
アルフォンス
兄さん…余り意地張ると後で痛い目に遭うよ。
(扉の開く音がする)
ロイ
鋼の、貴様に紹介したい奴がいるのだが…
エドワード
あ、大佐。
別に構わないぜ。アルと駄弁ってただけだしよ。
ロイ
そうか。なら…、来い。
(二人の女が入ってきて)
ターニャ
御初にお目に掛かれて光栄であります。
鋼の錬金術師、エドワード・エルリック殿。
小官はアメストリス軍新兵、そして国家錬金術師のターニャ・デグレチャフ少佐であります。
ヴィーシャ
御初にお目にかかれ、光栄です!
小官はアメストリス軍新兵、共に国家錬金術師のヴィクトーリア・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ中尉であります。
エドワード
…コイツらって
アルフォンス
もしかして…あの噂になっていた人たちですか?
ロイ
そうだ。此奴等はあの一週間で錬金術を覚え、更に国家錬金術師試験に合格した優秀な新兵だ。
エドワード
へぇ…。コイツらがねぇ。
アルフォンス
初めまして!
御挨拶ありがとうございます。僕は鋼の錬金術師の弟のアルフォンス・エルリックです。
宜しくお願いします!
エドワード
ヨロシクな〜。
ロイ
では、私は他の用事を済ませなければいけないから先に帰るぞ。
エドワード
おぅ。じゃあな、大佐。
アルフォンス
さようなら〜!
大佐、退場。
エドワード
…んで、どうするよ、アル?
アルフォンス
兄さんが何か話題を提示しないと話が出来ないよ。
エドワード
そ、そうか…?
エドワード
お前らはさ、アメストリス国出身…ではないよな?
ターニャ
ええ。その通りであります。
我々は可成り離れた、帝国という所から遥々此処へ参りました。
エドワード
帝国…?聞いたこともない国だな。
ターニャ
そして我々はその帝国の元軍人でした。
アルフォンス
元…ってことは前まではその国の軍人だったんだね。
ターニャ
ですが、この国は帝国と同等の戦力を持っている…という話を耳にして我々は軍に入ろうと決意致しました。
エドワード
なぁ…、その固っ苦しい話し方…辞めてもいいんだぜ?
エドワード
俺らだって同じ国家錬金術師なんだしよ。
それに歳もアンタとはそれほど離れていない訳だし。
ターニャ
…それは失礼しました。
ターニャ
では敬語は辞めさせていただきます。
アルフォンス
セレブリャコーフ中尉も、普通に話してくれていいよ。
ヴィーシャ
…ありがとうございます!
それから数時間後
アルフォンス
兄さん!落ち着いて💦
ヴィーシャ
少佐!! 少し言い過ぎではありませんでしょうか…??
エドワード
…誰が豆粒ドチビだー!?💢
ターニャ
私はただ、15歳にしては小さいなと言っただけだ。
ターニャ
中尉、貴官は少し静粛にしたまえ。
エドワード
アル、少し下がってろ。
ヴィーシャ
…た、大変失礼しました!
アルフォンス
兄さん…、気を付けてね…
エドワード
こうなったら…
エドワード
決闘だ!!!!
ターニャ
ほう、受けて立とう。鋼の錬金術師。
エドワード