ひとり劇場

アリッサの買い物

短編 隠語 今回は隠語を多めの作品にしてみたっス

アリッサ
ん?こんな所に『お菓子作りの材料屋さん』が
アリッサ
ちょっくら覗いて行こうかね
リーズン
いらっしゃいませー
リンリゴ
おや?アリッサ姐さんじゃないっスか
リンリゴ
姐さんも『お買い物』をしにこの店を訪れたんスか?
アリッサ
おう!こんにちはリンリゴ!
リンリゴ
この店で『材料』を買って誰かに『美味しいお菓子』を作って贈ろうという事っスね?
アリッサ
そんな感じだ
アリッサ
んで、そんじゃあ
リーズン
はい、いらっしゃい
アリッサ
『タマゴ』を
リーズン
ないです
アリッサ
あ、ない。そんじゃあ、『牛乳』を
リーズン
ないです
アリッサ
『小麦粉』
リーズン
ない
机に勢いよく拳を叩きつけ、机にヒビが入る
アリッサ
やめちまえ!この仕事!
リーズン
……
リーズンは机に足を乗せる
リーズン
しょうがないさ、今日はバレンタインデー
リーズン
『お菓子の材料』はほとんど売り切れだよ
アリッサ
おいおい!マジかよ⁉︎今日って!『バレンタインデー』⁉︎忘れてた!
リンリゴ
因みに『バレンタインデー』とは
リンリゴが『バレンタインデー』の過去について詳しく話しているが二人は聞いていない
リーズン
はぁ…『板チョコ』なら、『2枚』は残っているがね
アリッサ
じゃあ、それ『2枚』くれ
リーズン
まいどありー
アリッサ
(『二枚』あるから、『一枚』はメアリーにあげるか…)

2  

投稿日時:2017-11-05 14:40
投稿者:エーリッヒ
閲覧数:75

↑このページの先頭に戻る