ひとり劇場

霧子は戦場に行った

(昔話)霧子とエーリッヒの出会い的なものです。

「ここは…ここは何処なんだ?何も見えない…何も聞こえない…手足の感触もない…」
エーリッヒ
急患ってのは⁉︎この子
医師1
は、はい!そうです先生!一応、処置は施したんですが…
エーリッヒ
何?
医師1
いえ…
エーリッヒ
何かあるなら言いなさい!
医師1
…実はかなり酷い怪我でして…まずは顔が焼け爛れて穴という穴が塞がれています…
医師1
次に手足が榴弾の破片などでボロボロになってまして…腐食を考えて切除しました
医師1
内臓もボロボロでして…正直、生きてるのが不思議なぐらいです
エーリッヒ
そんなに酷い状態に…彼女は何処に所属を?
医師1
例の第76歩兵連隊に所属していて、唯一の生き残りです
エーリッヒ
あの第76歩兵連隊に?
エーリッヒ
…はぁ…唯一の生存者なら助けるしかないじゃない
エーリッヒ
この子を手術室に…例の移植を行うわよ
医師1
例のって…何ですか?
エーリッヒ
首から下を別の身体に移植するのよ!
医師1
そんな事…不可能だ!拒絶反応を起こして死ぬのがオチです先生!
医師1
それにドナーなんて…
エーリッヒ
ドナーは私よ!私の身体を彼女に移植するのよ
医師1
⁉︎
エーリッヒ
私の身体は少々特殊でね…まあ、少し待ってくれればいいわ
医師1
な、何を…
〜数分後〜
〜手術室〜
肉塊と化している患者と頭部がない遺体が手術台の上に横たわっている
エーリッヒ
これより、頭部移植手術をはじめるわよ…メス!
手術は数時間に渡り、無事に移植される
エーリッヒ
…次に顔を整形するわよ
医師1
そんな!患者の体力が持たない!
エーリッヒ
大丈夫よ、なんせ私の身体と繋がってるんだからね…
ぐちゃぐちゃになった絵の具の様な顔が、人の顔になっていく
エーリッヒ
よし!手術終わり!
医師1
お、お疲れ様です…先生
エーリッヒ
お疲れちゃーん
「ん…何だ光が…眩しい…目を開けられない」
エーリッヒ
患者は元気そう?
医師1
ええ、身体的には回復してますね
エーリッヒ
っと?患者が丁度起きたみたいね…少し話してくるわね
医師1
え、あっはい
エーリッヒ
ハロハロー?どう気分は?
源 霧子
……ここは何処だ?
エーリッヒ
ここ?ここは病院よ
源 霧子
私が倒れてから何日たった?
エーリッヒ
9年よ
源 霧子
9年⁉︎9年だと⁉︎
激しく暴れ出す
エーリッヒ
そうよ、落ち着いて!ほら!
強く抑えつける
源 霧子
ハァ...ハァ...戦況は…戦況はどうなったんだ?私の仲間は⁉︎仲間は何処にいる⁉︎みんな無事なのか⁉︎
エーリッヒ
わかったわかった!一先ず落ち着いて!一つずつ答えてあげるから
源 霧子
ハァハァ...ハァ
エーリッヒ
先ずは戦争だけど東側が勝ったわ
源 霧子
そんな……負けたのか?
エーリッヒ
ええ、それも酷い負け方をしたわ
エーリッヒ
次に貴方の仲間だけど……貴方以外、全員戦死よ
源 霧子
嘘だッッ⁉︎精鋭揃いの第76歩兵連隊だぞ⁉︎…そんな私以外戦死なんて…嘘に決まってる
エーリッヒ
…残念だけど…えーっと、ラビット1…本当の話よ
源 霧子
これは悪夢か⁉︎そうなんだろ⁉︎次起きた時には私は前線にいて、銃を持って戦って…
エーリッヒ
鎮静剤を
医師1
は、はい!先生!
鎮静剤を注入する
そして、数ヶ月後
医師1
例の患者の奇行はどうにかならないものか…
医師2
3度の脱走と乳房の切除…目も潰してるな
医師1
先生は何であんなの化け物を生かしてるんだ?
医師2
さあな…あの先生の考えることなんざ理解したくないね
エーリッヒ
調子はどう?ラビット1
源 霧子
……
エーリッヒ
いや失礼…源 霧子の方がいいかしらね?
源 霧子
何しに来たんだ先生
エーリッヒ
今日は貴方に選択肢を持って来たのよ
源 霧子
何だ?その選択肢ってのは?
エーリッヒ
1.この隔離病棟で一生過ごすか
エーリッヒ
2.私の護衛としてついてくるか
源 霧子
……
エーリッヒ
まあ、今すぐとは言わな…
源 霧子
2だ
エーリッヒ
ん?
源 霧子
2だと言っている…
エーリッヒ
いいの?また銃を手に取ることになると思うけど…
源 霧子
構わん…構わんからここから連れ出してくれ先生
エーリッヒ
わかったわ
エーリッヒ
よろしくね。源 霧子
そして、霧子は銃を手に取った

 

投稿日時:2017-10-30 17:16
投稿者:エーリッヒ
閲覧数:18