ひとり劇場

お父さんと娘。

いくつになってもこういう会話ができる親子っていいですよね。

お父さん
ねえ、マイちゃん。
マイ
なに?お父さん。
お父さん
お父さんさ、最近、だいぶ淋しい感じになってきたじゃない?
マイ
何が?
お父さん
いや、だからさ、こう…ちょっと、ボリュームダウン?してきたじゃない?
マイ
いやだから何が?
お父さん
ほら、こ、この辺が、さ?
マイ
ああ。
マイ
はっきり言いなよ。
お父さん
いや、ちょっとそれは言いにくいというかなんというか。
お父さん
ってか、お父さんにそれ言わせるのは酷じゃない?
マイ
じゃあ、私が言ってあげる。
マイ
要はハゲでしょ?
お父さん
…ッ…そ、そんなはっきり言わなくても…
お父さん
もうちょっとこうオブラートに包んでもいいんじゃない?
マイ
40超えたおっさんにオブラートは要らないよ
マイ
で、ハゲがどうしたの?
お父さん
またハゲって言った…
マイ
ハゲでもマゲでも何でもいいから。
マイ
で?どうしたの?
お父さん
いやさ、一度失ったものはしょうがないじゃない?
マイ
そうね。
お父さん
だからさ、考えたんだよ。
お父さん
上がだめなら下を生やせばいいんだ、って。
マイ
ま、まさか…
マイ
お父さんが生やそうとしてるのって陰も
お父さん
こ、こら!!!
お父さん
女の子がなんてことを!
マイ
…はあ
マイ
じゃあ何を生やしたいの?
お父さん
よくぞ聞いてくれた!
お父さん
ココ!
マイ
マイ
ほっぺ?
マイ
ほっぺに毛って生えるの?
お父さん
違う違う。
お父さん
ここ!あご!
マイ
まさかお父さん…
マイ
ヒゲ生やすなんて言わないよね?
お父さん
バレちゃった?
お父さん
ヒゲってやっぱ男の象徴っていうか…
お父さん
お父さんもいい歳だし?
お父さん
ダンディズム目指そうかな?
お父さん
みたいな?
マイ
うん。
マイ
言いたいことはわかった。
マイ