ひとり劇場

黙示録

はるか
少女は「好き」を知りました
はるか
「好き」を与えてくれたのは
はるか
宇宙人でした
はるか
宇宙人は言いました
はるか
人間の体が気になる
はるか
少女は笑いました
はるか
宇宙人は笑いませんでした
はるか
宇宙人は「箱」に入ったままだったからです
はるか
「箱」は宇宙人に何も与えてくれません
はるか
ただ大切な物を奪ってくばかりでした
はるか
宇宙人がいたのは、氷の世界だったのです
はるか
宇宙人の心は今にも凍りつきそうでした
はるか
どうせ凍りつくなら、凍りつくギリギリまで
はるか
少女と宇宙人は「キス」をしました
はるか
それでも氷は溶けませんでした
はるか
箱の中にいる限り「キス」を感じる事は出来ません
はるか
宇宙人は「キス」で何も感じませんでした
はるか
少女は言いました
はるか
貴方、運命に負けてるわ
はるか
宇宙人は言いました
はるか
逆らってもダメな物は受け入れるのが一番賢い
はるか
少女は言いました
はるか
世界は待ってくれないわ
はるか
ほら、運命はもう来てる
はるか
今も
はるか
今も
はるか
今も
はるか
選んで
はるか
運命は貴方が選ぶの
はるか
「箱」は宇宙人を守ってはくれません
はるか
隣に少女がいるのに、宇宙人は一人ぼっちでした
はるか
宇宙人は運命を選びました
はるか
それは事件でした
はるか
箱は簡単に壊れました
はるか
少女は言いました
はるか
ねえ、どこへ行きたい?
はるか
宇宙人は生まれて始めて
はるか
「キス」で感じました
はるか
ねえ
はるか
生きてるって事は、世界が有るって事は、それだけで事件なんだよ
はるか
ほら
はるか
今も
はるか
今も
はるか
今も
はるか
今も
はるか
今も
はるか
今も
はるか
どんどん時間は過ぎ去って行く
はるか
過去と言う記憶になっていく
はるか
これは貴方の事件
はるか
これは貴方の運命
はるか
だから貴方が選ぶの
はるか
ねえ、貴方はどこへ行きたい?
はるか
どうなりたい?
はるか
「私は貴方の友達になりたい」
はるか
宇宙人は笑いました

3  

投稿日時:2017-10-06 20:44
投稿者:はるか
閲覧数:90