ひとり劇場

深夜廻 二次創作エンド

ネタバレ含みます エンディングでこんなふうな会話があったらな、という想像です

さっきまでのは、現実だったんだろうか
それとも、私が見た夢だったのだろうか
気がつくと私と「」は山の麓に着いていた
左腕が痛い
もう片方を支えているのは誰なんだろうか
誰かが右手を握ってくれている
さあ、お家に帰らないと
...手を離しますか?
ユイ
...やだ
...手を離しますか?
ユイ
...や...だ...!
...離して?
ユイ
嫌だ...!絶対に...離したりなんかしない...!
ほら、お家に帰らないと
ユイ
でも...でも、この手を離したら「」は...!
ユイ
あれ...?「」...!「」...!
ユイ
どうして...名前が思い出せない...
私はね、もうユイと一緒にいられないの
ユイ
嘘だ!まだ...まだ何かあるよ...っ!
私はユイにいっぱい酷いことをしちゃった
それに、私はもう死んでるの
ユイ
やだ...!やだ!!
だめだよ、ユイ。私達はここでお別れ
ユイ
私、また「」と一緒に花火見たかった!
ユイ
引っ越しても、また2人で遊べると思ってた!!
うん、私もだよ
ユイ
なのに...なのに...!
ユイ
こんなのって!!...あんまりだよ...
ごめんね、ユイ
でも、ユイは1人じゃない
まだたくさんの出会いが
ユイには待ってるんだよ
ユイ
じゃあ「」は!?「」は1人じゃん...!!
ううん、1人じゃないよ
私には、クロがいるよ
ユイ
...
それに、大好きなユイもいる
だからね、ユイ
私は大丈夫だよ
さあ、手を離して
ユイ
...うん
さよならだね
ユイ
私、毎年ここに遊びに来るからね
無理しない程度でいいよ
ユイ
それに、「」と一緒に過ごした大切な時間、宝物にする
私にとっても宝物だよ
ユイ
絶対に...絶対に忘れないよ
ハル
うん...知ってる
ユイ
今までありがとう、「ハル」
ハル
ありがとう、ユイ
さよなら
また、爽やかな風が緑を彩る夏が来た
夕日に照らされて蝉が鳴く
私は、1本の木の前に立っていた
ユイ
ただいま、ハル

2  

投稿日時:2017-09-19 00:54
投稿者:ラト
閲覧数:91

↑このページの先頭に戻る