ひとり劇場

近侍の歌仙と鶴丸の手入れ部屋騒動

ある本丸での手入れ部屋騒動です。近侍の歌仙兼定と一番最初のレア刀鶴丸国永である2振りの会話です。刀剣乱舞、歌仙兼定、鶴丸国永

鶴丸国永
歌仙
歌仙兼定
なんだい?鶴丸さん
鶴丸国永
今日の近侍はお前さんだよな?
歌仙兼定
うん。そうだがどうかしたかい?
鶴丸国永
手入れ部屋増やしてくれって進言してくれ。
歌仙兼定
…それはできない相談だね
鶴丸国永
なんでだ!
歌仙兼定
今の本丸の状態的に資材不足に金銭面も枯渇している状況だ。
鶴丸国永
だが、人数が増えて重傷者も増えて来てる!二部屋しかない手入れ部屋を手分けして治すしてもとてもじゃないが1日で完治させるのは無理だ!
歌仙兼定
…しょうがない。一応主に進言してみるがあまり期待しないほうがいいよ。
鶴丸国永
あぁ、分かった。皆にも伝えてこよう。
歌仙兼定
5分後
歌仙兼定
主に進言して来たよ
鶴丸国永
どうだった!?
歌仙兼定
先ほども言ったとうり資材不足に金銭面も枯渇してる。今の段階では無理だそうだ。
鶴丸国永
…そうか。
歌仙兼定
だが、あと二週間ほどで政府からの援助金が来る。その時に手入れ部屋を増やすことを約束してくれた。
鶴丸国永
そうか!
歌仙兼定
それまでは軽傷者を先に主の部屋で手入れをするそうだ。手入れ部屋には重傷者を運び込んでくれ。
今の重傷者、中傷者、軽傷者の人数と誰なのかを教えてくれないか
鶴丸国永
おお!そうか!分かった!短刀達が主に軽傷、合わせて6名。五虎退、乱藤四郎、小夜左文字、今剣、太鼓鐘貞宗、秋田藤四郎。御手杵、蜻蛉切、堀川国広、宗三左文字の4人が重傷者だ。そして和泉守兼定と一期一振、三日月宗近、不動行光が中傷を負っている。
歌仙兼定
そうかい。ならば五虎退、乱、お小夜、今剣さん、太鼓鐘貞宗、秋田、あと不動行光を主の部屋へ。堀川国広、宗三左文字を手入れ部屋へ。御手杵と蜻蛉切は手入れ部屋の隣の部屋に横にして休ませといてくれ。不動以外の中傷者3人も同じ部屋に。
鶴丸国永
分かった。
歌仙兼定
あと、薬研を連れて来て御手杵と蜻蛉切の応急処置を頼んでくれ。
鶴丸国永
おう。
歌仙兼定
そして最後に
歌仙兼定
『手伝い札を使いなさい。』
鶴丸国永
!?
歌仙兼定
主からの命です。
鶴丸国永
!…分かった。ありがたく使わせていただく。
歌仙兼定
資材が足りなくなってしまったら言ってくれ。
鶴丸国永
分かった。
歌仙兼定
20分後
鶴丸国永
資材が足りない。
歌仙兼定
分かった。…早いな。とりあえず、短刀達の手入れは応急処置程度だが終わったそうだ。主の部屋にある資材を使ってくれ。僕は資材を取りに行って来る。
鶴丸国永
俺も行こう。
歌仙兼定
いや、大丈夫だ。
鶴丸国永
だが!
歌仙兼定
鶴丸さんはみんなのサポートをしてくれ。じき主が手入れ部屋へ赴く。
鶴丸国永
…分かった。気をつけて。
歌仙兼定
あぁこれでも之定が一振り。
へまはしないさ
鶴丸国永
そうだよな。
歌仙兼定
そこまで心配なら燭台切に手伝ってもらうとするよ。
鶴丸国永
そうか!それなら安心だ。
歌仙兼定
最低何個あれば足りる?
鶴丸国永