ひとり劇場

スープ屋の日常「オニオングラタンスープ」

【片思いBL】処女作。健全です。

常連さん
こんにちはー
スープ屋
いらっしゃい
看板猫クルトン
にゃー(いらっしゃい)
スープ屋
今日はどうしたんだ。何の用だ。
常連さん
腹へってさー。他の店はどこも開いてないから!ここに来たんだ
看板猫クルトン
にゃー(ツンデレかしら)
スープ屋
今何時だと思ってるんだよ。朝の4時だぞ。店が開いてるわけないだろ。
スープ屋
ウチの店も開店は6:30からだ。
スープ屋
出直してこい
常連さん
えー!腹へって死にそうだよー!はるばる2時間かけてここまで来たんだぞ!?
スープ屋
2時間!?お前、今日何時に起きたんだよ…。いくらなんでも早起き過ぎだろ
常連さん
聞いて驚けー?実は寝てない!オールナイトだ!
常連さん
仕事がなかなか終わらなくてなー
スープ屋
そうだったのか。お疲れ様。仕事はもう終わったのか。
常連さん
そう思う?
スープ屋
…思う。
緑のシャツの男は俯いて気まずそうに呟いた。
常連さん
実は…終わってない…
スープ屋
お前…こんな所で油を売ってていいのか?
常連さん
いやーここに来るまでの2時間も歩きながら仕事を進めてたんだよ?サボってた訳じゃないんだ
常連さん
ただ…ただお腹が空いて力が出ないんだよ…お腹空いたよー!
スープ屋
あーもううるさい!わかったから!そこ座っとけ。すぐ作る
常連さん
わあー!ありがとう!やっぱお前って優しいよなー!愛してる!
スープ屋
なっ…!?
スープ屋は言葉を失った。手を額に当てながら呆れた様に言う。
スープ屋
お前…適当なこと言ってないで仕事進めてろ。15分くらいで戻るから
スープ屋が店の奥へと消えた。
スープ屋
(あいつ…こっちの気も知らないで…。うぅ…顔が熱い。手を動かして気を紛らわそう)
スープ屋
昨日仕込んでおいたこれでいいか
スープ屋が寸胴鍋に火を入れた。そして棚にあるバゲットを厚めに3切れ切っておく。
スープ屋
チーズは…あったあった。
火にかけていた寸胴鍋の蓋を開けるとコンソメの匂いが広がる。
スープ屋
ん、あったまったな
スープ屋は大きめなボウルに寸胴鍋からスープをたっぷり入れた。その上に厚めに切ったバゲットを3切れ並べる。そうしてチーズをたっぷりのせる。
スープ屋
後は…かるーく焦げ目が付くまで炙って…よし、できた
常連さん
ねーえー!まだー?俺もう待ちきれないよーお腹と背中が引っ付きそう!
スープ屋
はいはい。今行くからおとなしくして待ってろ
右手に熱々のスープボウルを持ってスープ屋は緑シャツの男の前に現れる
スープ屋
はい、どーぞ。火傷するなよ?
そう言いながらゴトリとスープボウルを置いた。
常連さん
うわー!美味そう!これってオニオングラタンスープってやつだよな?食べるのたぶん初めてだよ!
常連さん
食べていい?食べていい?
スープ屋
…ダメ
常連さん
えっ…。えー!何でだよー
スープ屋
ウソだよ。どーぞ召し上がれ?
そう言いながらスープ屋は小さく笑っている
常連さん
なんだよもう、からかうなよなー。じゃあいただきまーす!
常連さん
うめっめっちゃうめー!何これ!何これめっちゃ上手いよ!
スープ屋
そう美味そうに食ってくれると作った甲斐があるってものだな。
スープ屋
ゆっくり食えよ。喉に詰まらすぞ。
常連さん
ふぁーい
緑シャツの男は口いっぱいにスープに浮いたバゲットを詰めたまま返事をする
スープ屋