ひとり劇場

私は私。

名無しさん
みんな会議が、みんな好き
名無しさん
みんなが好き
名無しさん
現実の自分と全く違うキャラを演じてても、それも私。私は私。
名無しさん
皆が名前を呼んでくれる。
名無しさん
皆が『おかえり』って言ってくれる。
名無しさん
皆が『おめでとう』、『大丈夫?』、『頑張れ』って言ってくれる。
名無しさん
偽善者でも構わない。
名無しさん
本当は思ってなくても、それでも構わない。
名無しさん
偽りの優しさだったとしても、私は救われてるから。
名無しさん
わざわざ、悪口書かなくてもいいじゃないの。
名無しさん
嫌なら嫌で構わないけど、私の居場所を奪わないで。
名無しさん
もう一つの居場所なの。
名無しさん
皆と話してると楽しいの。
名無しさん
大事な場所なの。
名無しさん
現実を生きる私も、
名無しさん
名前を変えて顔を隠して皆と接している私も、
名無しさん
全部私。私は私。
名無しさん
現実とは全く違うキャラクター、性格、性別、口調、設定。
名無しさん
別にいいじゃないの。
名無しさん
全部忘れて楽しめるこの場所が大好きなの。
名無しさん
私は私。

6  

投稿日時:2017-08-16 00:31
投稿者:ことりちゃん
閲覧数:5

↑このページの先頭に戻る