ひとり劇場

僕の友達が犯罪者と戦うそうです。

第2話自己紹介をしよう。

ラキューロ先生
みんなの話し声が
教室1面に広がっている中
先生が手を二回叩いて
注目させた。
ラキューロ先生
はいはい皆さん!
お話はそこまでだぴ!
今日から皆と一緒に
学ぶことになった
桜宮(さくらみや)君だぴ!
皆仲良くするんだぴ!
それでは桜宮君!
一言どうぞだぴ!
瑠依
あ。えっと...
瑠依
僕は緊張して
うまく話せなくなった時
しーちゃんが頑張れと
口パクで伝えてくれて
深呼吸をして自己紹介した。
瑠依
白野沢中から
転校してきました。
桜宮瑠依といいます。
宜しくお願いします。
ラキューロ先生
えっとじゃあ。
桜宮君の席は
クi...ゲフンゲフン
藤華さんと城山さんの
間の席に座るぴ!
ラキューロ先生
くい??
もしかしてクイーンの事かな。
それにしてもこの先生
ゆるキャラのストラップ
とかでありそうな体型だな。
まぁ、しーちゃんが
応援してくれたから
自己紹介できたんだ!
あとでお礼言わないと!
僕は席に座りカバンを
おろした。
ん。
藍は、教科書を
僕に差し出した。
無かったら勉強
出来ねぇーだろ。
貸してやる。
瑠依
ありがとう。でも
藍はどうするの?
俺は聞いてノートに移す。
いつもの事だ。
ノートを取り出して
真剣に黒板に書いてある
文字を書き写す。
あ。るいっち。るいっち。
しーちゃんが僕に小声で
話しかけてきた。
瑠依
なに?しーちゃん。
今日給食一緒に
ご飯食べようや。
じゃないとまたあいつら
みたいな連中に絡まれたら
困るやろ?やけん。どう?
瑠依
うん。ありがとう
瑠依
こんなに気を使ってくれて
優しいのに何でみんなが
怖がるか本当に検討が
つかなかった。
瑠依
(やっと終わった..
少しわからないところが
あったな...
あとできいてみよ。)
ルナ
失礼しまーす!
生徒会書記の
宇佐美 ルナです!
桜宮君いますか?
ルナ
元気よく扉を開け
僕の名前を呼んだのは
今朝頭を踏んでいった
うさ耳の桃色の髪色をした
あの女の子だった。
瑠依
あ。僕です。
ルナ
あ!
今朝の!
今朝は本当に
申し訳ございませんでした!
お礼も含め学校案内を
させていただきます!
ルナ
ナビのような喋り方で
僕の腕を掴み学校を
案内してくれた。
ルナ
ここが音楽室になります!
ルナ
ルナが説明していると
~♪~♪~
音楽室から歌が聞こえた。
瑠依
誰が歌ってるのかな...?
瑠依
僕は好奇心で扉を少し
開け覗いて見た。
神様どうかどうか
声を聞かせて
ほんのちょっと
でいいから...
瑠依
透き通るような声
なのにちょっと
寂しそうな感じ
僕はもっと間近で
聞きたいと思った。
瑠依
綺麗...
僕のその一言で
藍がこちらを見た。
まずい...
怒られる...?
...。
いつから聞いていた…?
瑠依
あ。ごめん。
えっとその...
綺麗って...
歌の歌詞が?
それとも...
あの桜か?
ん?
怒るというよりも
疑問に思ってらっしゃる?
瑠依
あ。えっと。
歌詞もだけど...
藍の歌声も...!!!
そっか。
藍が少し微笑んだ。
でもこの事を
他の奴に言うなよ?
と思ってたけどやっぱり
怒ってらっしゃる。
瑠依
(やっぱり怒ってたー!)
瑠依
う、うん!ごめんなさい!
瑠依
チャイムの音が鳴り
給食の時間だと
ルナが教えてくれた。
あの後はしーちゃんと藍とで
一緒に給食を食べて
また授業を受けた。
同じ生活を送るのだろう。
明日も楽しみだな。
そう思い鼻歌にスキップ
なんて子供じみたことを
しながら僕は家に帰った。

5  

投稿日時:2017-08-12 01:17
投稿者:るるり

↑このページの先頭に戻る