ひとり劇場

人見轢沙子と蓬莱少女繪幻想の地下室

どうもこの屋敷には地下室が?

人見轢沙子
ねー、メイドちゃん?
お掃除メイド
ん?何?
人見轢沙子
この屋敷ってさ・・・。広いし二階建てなのはいいんだけどさ・・・。地下室はない?
お掃除メイド
地下室・・・
人見轢沙子
うん。なんかありそうじゃない?
お掃除メイド
私が勤めてたときは、そんな情報無かったわ
人見轢沙子
そう・・・。わかったわ
お掃除メイド
あ!いや待って!確か見取り図があったような気がするわ!ちょっと出してくる!
ナレーター
メイドは自室へ行った
人見轢沙子
あっ!・・・うーんなんとなくありそうなのよね。地下室
読書と妖怪の秋
・・・どうしたの轢沙子?
人見轢沙子
ムラサキ。あのね、メイドちゃんにこの家に地下室はないかって言ってみたんだけど・・・
読書と妖怪の秋
・・・地下室ねぇ。それがあったなら今頃使用してると思うわ
人見轢沙子
そうよね。じゃあ無いわね
ナレーター
リビングに戻ってきたメイドが駆け足で来た
お掃除メイド
ひっ轢沙子ちゃん!?
人見轢沙子
どう?無いでしょ?
お掃除メイド
いや・・・。私もないかなーとか思って前の主人に貰った見取り図見たんだけど・・・!
読書と妖怪の秋
・・・見たんだけど?
お掃除メイド
・・・あるわ
人見轢沙子
あっ、あるの!?
お掃除メイド
しかもこのリビングに地下への扉がある
人見轢沙子
えぇー!
読書と妖怪の秋
・・・なんと、まあ意外なことね
未来世紀のブロンド巫女
おうおう。地下室とはいい度胸じゃねえか
月光の反魂
地下迷宮だな・・・!血が騒ぐ・・・!
神道国幻想
クトゥルフなら儀式の祭壇があるぜ!
白山修験
ワクワクです!
人見轢沙子
なーに野次馬のように突然現れてるの貴女たち
人見轢沙子
あと、RPGだったりクトゥルフの考えはやめなさい
お掃除メイド
・・・でね。地下室への入り口はこのリビングにあるみたいだけど
人見轢沙子
え?ここに?どこにあるの?
神道国幻想
目星だな!それ!クリティカル狙うぜ!
月光の反魂
一応武器を用意する。包丁でいいか?
白山修験
あっ。物置から何か持っていきましょうか?
未来世紀のブロンド巫女
ライト用意する
人見轢沙子
貴女たち結構ワクワクしてるでしょ?えーと入り口は・・・
お掃除メイド
・・・?この取っ手、もしかして・・・?
ナレーター
メイドは取っ手を掴みあげるとそこには地下への階段があった
人見轢沙子
あっ!地下室への階段だわ!
読書と妖怪の秋
・・・ようやくお出ましね
未来世紀のブロンド巫女
こりゃ、行くしかないな!
神道国幻想
轢沙子先頭なー!
人見轢沙子
何勝手に決めてるのよ!
白山修験
だって何かあったら轢沙子さんが対応してくれますし
月光の反魂
ゾンビが出てきたらよろしくな!
人見轢沙子
はぁ・・・。わかったわよ。先頭でいいんでしょ
ナレーター
メイドとムラサキは待機ということで轢沙子、神道国、ブロンド、月光、白山の順番に階段を降りる
お掃除メイド
何かあったらすぐに戻ってきてねー!
読書と妖怪の秋
・・・無理しないでね
ナレーター
5人は階段を降りると、すぐそこに大きな扉があった
人見轢沙子
んー。大きな扉ね・・・
月光の反魂
さあ何が出てもいいぞ!
神道国幻想
バーン!と開けてしまえ!
人見轢沙子
はいはい。じゃ、行くわよ
ナレーター
轢沙子が開ける。するとそこには・・・
人見轢沙子
・・・?真っ暗?
未来世紀のブロンド巫女
ん?すぐ横にスイッチあるな。押してみよう
ナレーター
スイッチを押すと
人見轢沙子
明かりが付いた・・・。で、なにこれ?物置に近いじゃない?
神道国幻想
あれ。割と普通だった
白山修験
しかも綺麗に整理されてますね
月光の反魂
地下迷宮では無かったか・・・。失念
人見轢沙子
調べましょう
ナレーター
5人は調べてみる
未来世紀のブロンド巫女
これはなんだ?あっ、保存食だ!乾パンとかあるぞ!
白山修験
これは包丁?買いだめしてたのでしょうか?
月光の反魂
ほう。紙があるな。しかも家計簿とはな。・・・下らん内容だらけだ
神道国幻想
水だなこれ。まだ賞味期限過ぎてないぞ
人見轢沙子
・・・ワインじゃない。あっ。そんなにビンテージでも無かったわ
ナレーター
5人は更に調べてもそれぐらいしか目につくものはなかった
人見轢沙子
んー。結果的には・・・
未来世紀のブロンド巫女
倉庫だな。これ
月光の反魂
ぬう。もっと冒険できるかと思ったが
神道国幻想
しかも綺麗にされてるという微妙な感じ
白山修験
フリーゲームにあった屋敷の地下に広大な敷地があるのを期待してたのですが・・・
人見轢沙子
・・・戻りましょうか
神道国幻想
・・・だな
ナレーター
5人は外に出る。半分がっかりした雰囲気でもあった
人見轢沙子
ただいま
お掃除メイド
おかえり!ねぇ、どうだった!?
読書と妖怪の秋