ひとり劇場

クトゥルフセッションwithアメジスト

クトゥルフTRPG

あめさんとのセッション
もぐもぐ 美味しいよね を回します
あめさん
どうでもいいから早くやろうよ
うざ
 穏やかな休日。探索者達は、観光あるいは気まぐれと、様々な理由で森林浴にきていました。
 並ぶ木々に癒されつつ、あなたたちは道を歩いて行きます。
あめさん
ふわあ眠くなってきた
あめさん
そこら変で寝ます
おいこら
あなたが歩いている内にだんだんと雲行きが怪しくなっていき、ぽつぽつと雨が降ってくることでしょう。
あめさん
あああああああああああああ雨だああああ
アメジストだけに雨
あめさん
殺すぞ
思念体の癖に
それはあっという間に大雨となり、早くどこかに雨宿りしなければ風邪を引いてしまうことでしょう。
あめさん
APP半減現象やだあああ
どうしようか、と焦るあなたたちの視界に、ふと小さな小屋を発見します。
あめさん
さっきからあなたたちって見えるけど俺1人だよ
コピペだからしょうがない
あめさん
気を使えよ
小さな小屋です。一体どんな目的で作られたのかは分かりません。綺麗、というほどではありませんが、汚くもありません。
あめさん
引き戻ってもこの雨だし駅も遠いし...入るか
 窓のついてない質素な扉が、ただあなたたちの前に佇んでいます。
あめさん
警察だー開けろーあけろー!
そんな事しても無駄です
ほら 知識振れくそ
あめさん
おい
あめさん
04クリ
くそ野郎
あなたは、地図にはこんな小屋載っていなかったことに気が付きます。
 至って普通の小屋。と思ったのですが、よく見てみるとその小屋には窓がないことに気が付きます
あめさん
警察に建築法違反で訴えるぞーー!!
無駄です
あめさん
仕方ね APPが6.5になる前に入るか
聞き耳振れ
あめさん
成功
出目は
あめさん
91
あっそ
パクリ。という何かを飲み込んだような音がしました。
あめさん
俺がチョコパン食った音や
クッソwwww
 正方形の質素な部屋です。天井では裸電球が鈍い光を発しています。

 壁には棚が一つ置いてあり、中央には木で出来たお粗末な机が一つ。そして、部屋の奥にはもう一つ扉がありました。
 部屋の中は生暖かいのですが、何故か冷えた体が温まるようなものではなく、気持ちの悪くなるようなものでした。
 あなたたち全員が小屋の中に入ると、バタン、という音を立てて扉が閉まります。なお、この扉はどうやっても開くことはありません。
あめさん
ああ気分が悪い
あめさん
じゃあ 棚と机に目星です