ひとり劇場

とある夕暮れの夢。

夢の世界に、少し閉じ込められちゃった少女達の話。

真里。
あれー?
アルーヴァ
なした??
Miki
まさか…まさか…?
真里。
…何だと思う?
Miki
いや知らんし
アルーヴァ
うむ
真里。
相変わらずだなぁ…
真里。
じゃあ一つ。
真里。
<entryImage>8a8db78b-0d13-4918-a063-51e7de70a45c
アルーヴァ
なにそれ
真里。
いや…あり得ないけど風景なんだよね…
Miki
嘘乙。
真里。
ほんと!!!
真里。
そう、今私『海月 真里』は異世界?にいるのである。
真里。
持ち物はスマホと身につけていた物だけ。
真里。
よりによってトークアプリの相手はこいつらのみ。
真里。
ネットで配信者として、カワボを武器に奮闘している…『天然』。『アルーヴァ』、もとい『若野 葵心』。
真里。
ちなみにそこそこすごい。
真里。
…と、
真里。
三十回目の「失恋なう」、『Miki』こと『天翔 美希』。その美貌に堕とされた男多数。
真里。
ちなみに私はというと、平々凡々な一般人。
全く異世界なんかに取り込まれるような人間なんかではない。
真里。
別に異能力が覚醒するとかそんな展開は予定していない。
真里。
いや…すごいなここ
真里。
真っ白な部屋に雑にテクスチャ貼り付けた…みたいな。
そっちの方詳しくないけど。
アルーヴァ
さて、ここで吉報。
アルーヴァ
あたしも来ちゃった(*´ω`*)
真里。
は?
Miki
実は…
Miki
私もだったりする。
真里。
…はい??
Miki
…っても、この狭さじゃ似た違う世界だなこりゃ
アルーヴァ
そだね
真里。
あ…うん…そうっぽいね
Miki
とりあえず、状況整理しようか
真里。
お、おけ
アルーヴァ
とりあえず…あたしは…皆と別れた後…
アルーヴァ
気が付いたらここにいた…
真里。
私もそんな感じ
Miki
私も…
真里。
あ…いまちょっとした伝承思い出した
アルーヴァ
あ…奇遇だね、あたしも
Miki
え?なにそれ知らない
真里。
え?知らないの?
真里。
夕暮れ時の夢。
Miki
知らないよ??
真里。
んとね…この地域はこの時間になると神隠しが起こるの。
真里。
夕暮れ時。
真里。
こういう伝承はどこの地域にもあるけど、ちょっと違うのは、
真里。
『誰も居なくなった事に気が付かない』の。
Miki