ひとり劇場

「特別」の約束

背景は放課後の教室、高校生男女の会話です

にゃんこ
小さな頃はさ、自分が特別だって思ってなかった?
ひであき
自分はほかとは違う何かがあって、自分しか出来ないことがあるはず……とか?
にゃんこ
んー
にゃんこ
確かにそれを思ってた時もあったけど
にゃんこ
もっと小さい時、小一ぐらいの時とかさ
にゃんこ
自分はいつか偉い人になるんだって漠然と思ってた
ひであき
あー
ひであき
わかる、かも。
にゃんこ
でもさ、それって歳を重ねる事に虚実な自信だったことに気づいていって
にゃんこ
たぶん、大人になっちゃったら平凡に成り下がるんだよね
ひであき
段々自分の限界を知っていく、か。
ひであき
それは成長じゃないのか?
にゃんこ
成長かぁ……
にゃんこ
でも、どんどん理想が落下していくだけだよね
にゃんこ
そんなの私は成長だなんて言いたくない
ひであき
そっか、まぁ価値観は色々あるわけだし、良いんじゃないかな
ひであき
確かに大人は狡い
にゃんこ
だから、
ひであき
ん?
にゃんこ
私は特別なままでいたい
にゃんこ
だから
にゃんこ
特別なままで死にたい
にゃんこ
平凡に成り下がるぐらいなら、気分を落として自分の価値を知って絶望しながら進むより
にゃんこ
私は自分の価値を信じたまんま最高の気分で死にたい
ひであき
うん
にゃんこ
だからさ、私を特別に殺してくれない?
ひであき
なんで俺に言うんだ
ひであき
もっと他に、それこそ君にとって特別な人間が適任だろ
にゃんこ
そうだね
にゃんこ
でも私には特別な人っていないんだよね
にゃんこ
だから、誰でもいいのかも
ひであき
誰が殺しても変わらない、か。
にゃんこ
そう、特別な殺し方さえしてくれればね
にゃんこ
どう?してくれない?
ここで俺は考えたのだと思う
少なくとも、俺にとっては彼女は特別だったから
ひであき
いいよ
ひであき
引き受ける
本音は生きてほしい
でも、彼女が望むのなら
ひであき
殺してやるよ
にゃんこ
そう、ありがとう
彼女は嬉々として笑った
にゃんこ
じゃぁ、今度のテストで私は特別になるから
にゃんこ
学年1を取るから、そしたら特別になった私を殺してよ
ひであき
あぁ
ひであき
わかった
にゃんこ
約束だから
にゃんこ
ちゃんと守ってね?
ひであき
わかってる、約束だ
凡人の俺は多分この約束を守るのだろう
だって普通は約束は守るもので、そして俺は普通に縛られた凡人だったから

1  

投稿日時:2017-07-02 12:26
投稿者:かなぎ
閲覧数:1

↑このページの先頭に戻る