ひとり劇場

蔵馬と飛影が……あんなこと?!//

蔵馬にひたすら攻められる飛影さんです♪

蔵馬
全く…
早く言ってくれれば良かったのに、こんなになるまで放っとくだなんて…

貴方って人は本当に…
飛影
くっ……、ゃめっ…ろ//
そこはっ…、ぐぁっ?!//ビクビク
蔵馬
フフフ…
ここですか…?それともここかな…?

こんなに…硬くなって…
なにも、怖がることはないんです
俺にすべて任せてください…
力を抜いて…
飛影
くっ……貴様//
楽しんでやがるなッ?!
ぅぐっ…!ぅああ…//ゃっ、やめっ……くはっ…
(冷や汗垂らしながら悶え、必死に声我慢しようと唇噛み締めベットに突っ伏しシーツを握り締め)
蔵馬
クスッ…
力むと後が辛いですよ…?
意地を張らずに、身を任せてください…
ほら…
(ぐっ!と指に力込めて腰を押し)
飛影
ぐぁっ?!くっ、ぅぁあっ//
(この後もひたすら、マッサージされて、へなへなになるまで揉みほぐされたのでした…………

ちゃんちゃん♪)
飛影
貴様…
絶対許さん…
ひぃぃっ?!
すみませんでしたー!
(すたこらさっさー♪)

3  

投稿日時:2017-06-06 11:35
投稿者:もちもち
閲覧数:56

↑このページの先頭に戻る