ひとり劇場

いじめについてからのただのイチャイチャ?

百合会のカリスマ2人がいじめについて話したら?

セーラーウラヌス
なぁ、みちる…
いじめをなくす方法って何かないものかな…

まぁ、僕らの目的とは別だけれど
深刻な問題ではあるだろ?
セーラーネプチューン
そうね…
でも、私はるかがいてくれるなら…それでいいの

はるかにしか興味はないのよ

それでいいじゃない

はるかのいない世界なんて守っても意味がないもの

かと言って、あなたがいじめに会うだなんて、絶対ないわ

そんなこと、私がさせないですもの

そもそも、あなたをいじめようと思うおろかな人はいなくてよ?
セーラーウラヌス
っと…すまない
君に聞くような話ではなかったな…(汗

(これは、話す相手を間違ったようだ…)

しかし、参ったな…
僕がいじめられるなんて考えたこともなかったけれど…
セーラーウラヌス
みちるの方こそ大丈夫か?

才能のある人間は妬まれやすいだろ?
ましてや、君のように美貌まで兼ね備えてるとなるとさ
(みちるの髪に触れながら真近で見つめ合い)

何かあったらすぐに言ってくれよ?
セーラーネプチューン
フフッ…
大丈夫よ、はるか

私はそんなにやわじゃないわ…

それに、
羨み、妬みなんて…
なんにも生み出さないのよ

人と比べる人生程つまらないものはないわ
そのことに、早く気づければいいのだけれど…
セーラーネプチューン
愚かなものよね…
人間って…
(ふっと溜息をつきながら、はるかを見つめ)
セーラーウラヌス
そうでもないさ

過ちに気づいて
それを正すことも出来るだろ?

もしも、落ちるとこまで落ちても、そこから下はないのだから…
後は必死に這い上がるだけさ
セーラーネプチューン
私…はるかとなら…
どこまでも落ちていけるわ…
(じっと真剣な眼差しで見つめ合いながら指を絡ませ合い)
セーラーウラヌス
おいおい…
なんだか、話しが違う方向に行ってないか…?(汗
セーラーネプチューン
私…
海が見たいわ…

夜の海…
はるかと二人で見たいの

ね?行きましょ、はるか
(微笑んではるかの手を引き)
セーラーウラヌス
まったく…
しょうがないな…

6  

投稿日時:2017-06-06 09:24
投稿者:もちもち
閲覧数:158

↑このページの先頭に戻る