ひとり劇場

可愛いゴスロリメイド

カニファン時空が記憶の片隅にあるギルとオルタさん。

ギルガメッシュ
おいセイバー。
ギルガメッシュ
我の退屈しのぎに付き合わせてやろう。
貴様には過ぎたことだ。喜べ。
アルトリア オルタ
む。英雄王か。
ギルガメッシュ
あ。
アルトリア オルタ
私に何か用か英雄王。
ギルガメッシュ
いや、人違いだ。
行くがいい。
アルトリア オルタ
貴様、この私を暇つぶしに付き合わせようというのか。
ギルガメッシュ
人違いだと言ったであろう。
構うな、行け。
ギルガメッシュ
貴様を見ると違うどこかの我の何か嫌な姿が思い浮かぶ。
ギルガメッシュ
不快だ。
アルトリア オルタ
そう遠慮するな英雄王。
この私が直々に貴様の暇つぶしに付き合ってやろう。
アルトリア オルタ
例えばそうだな。
とりあえず夜の街にくりだしてみるのはどうだ?
ギルガメッシュ
……!!!
アルトリア オルタ
冗談だ。
アルトリア オルタ
安心しろ。
今のこの時代にはこのカルデアの外は存在しない。
つまり可愛いゴスロリメイドもいはしない。
ギルガメッシュ
貴様……! 何故それを!
アルトリア オルタ
さぁな。
アルトリア オルタ
私自身には覚えはないが、記憶の片隅に思い浮かんだ言葉を言ったまでだ。
アルトリア オルタ
貴様には心当たりでもあるのか?
ギルガメッシュ
そんな下賤なものなどこの我が知るものか。
テイクアウトなど我は知らぬ。
アルトリア オルタ
墓穴を掘ったぞ英雄王。
ギルガメッシュ
おのれ、雑種風情が……!
アルトリア オルタ
お前をテイクアウトなど、そう言えるものではない。
流石は英雄王といったところだな。
ギルガメッシュ
貴様、どこまで覚えているのだ!
アルトリア オルタ
さてな。
私自身は何も知らぬよ。
ギルガメッシュ
我をコケにするとはいい度胸だなセイバー。
アルトリア オルタ
コケになどしていないさ。
さぁ、では行こうか夜の街に。
私が貴様をテイクアウトだ。

1  

投稿日時:2016-05-08 00:54
投稿者:セカイ
閲覧数:18

↑このページの先頭に戻る