ひとり劇場

コナンの本妻は今日もネガティヴ。

原作とストーリーは全く関係ないです。コ哀ファンのコ哀ファンによるコ哀ファンのためだけの勝手な妄想ストーリーです。

とある人気バンドのコンサートに、毛利小五郎ら10人が招待され、名古屋にある大きなホールに来ていた。バンドのメンバーの1人が、小五郎の学生時代の友人だという。ライブのついでに観光地を堪能しようという2泊3日のプランだった。
1日目にライブを終え、2日目に小五郎の友人に名古屋を案内してもらう予定だったが、2日目の朝にそのバンドのプロデューサーが殺されるという事件が起きてしまった。
しかしいつものごとく、コナンが小五郎を眠らせ推理を始めると、犯人は自供し、あっという間に事件は解決した。そして夕方には警察にも解放され、観光計画は消えたものの、やっと名古屋での自由な時間を過ごそうとしていた。
灰原哀
結局のところ、あなたは事件がお似合いね。
江戸川コナン
あぁ?なんだそれ。
灰原哀
俺が解決してやるんだーって意欲がダダ漏れだったわよ。
江戸川コナン
人が殺されてんだ、そんなこと考えてる余裕ねえよ。
灰原哀
コンサートの時より、推理している時の方が楽しそうだったけど。
江戸川コナン
お前なぁ…
灰原哀
…これじゃあ名古屋の観光は諦めた方がいいわね。
江戸川コナン
なんか…悪いな、せっかく誘ったのによ。
灰原哀
ホント…あなたがいるとどうも事件に巻き込まれるのよね。死神でも取り憑いてるんじゃないかしら。
江戸川コナン
お前、俺をなんだと思ってんだよ…
灰原哀
ふふ、そうね。どちらかと言えば私の方が死神に取り憑かれてるかも、ね。
江戸川コナン
フン、言ってろ。絶対俺がお前からその死神ってやつ、取っ捕まえてやっから。安心しとけ。
灰原哀
…私を守ってくれるんだったわね。頼りにしてるわよ、探偵さん。
江戸川コナン
はいはい。
毛利蘭
コナンくん、悪いんだけどお父さん起こしておいてくれる?私ホテルの部屋にケータイ忘れちゃったみたいなの。
江戸川コナン
え?あ、うん、分かったー。
毛利蘭
ちょっと行ってくるね。ここで待ってるのよ。
江戸川コナン
蘭ねーちゃん、1人で大丈夫?
毛利蘭
うん、大丈夫よ。ありがと、コナンくん。
灰原哀
…大変そうね、守るものが多くて。
江戸川コナン
え?
灰原哀
なんでもないわよ。
江戸川コナン
あっそー。
灰原哀
……いいの?起こさなくて。
江戸川コナン
え?あー、おっちゃんならもうすぐ起きるから大丈夫。麻酔の効果も無くなってくるころだから。
灰原哀
…それより、この後どうするのかしら。この辺のこと知ってる人なんて誰もいないわよ。案内人は警察に連れていかれたし。
江戸川コナン
しょうがねえよ、メンバーの計画をほんの少しだったとしても手伝っちまったんだからな。
灰原哀
でも不思議ね。こんな計画、ここのコンサートが決まった時にはもう知ってたっていうのに、招待客にあの毛利小五郎を選ぶなんて。
江戸川コナン
…計画に気づいて、首謀者のメンバーや自分を止めてほしかったんだろ。事件の前から、確かに違和感はあったしな。
灰原哀
それでも自分の手を汚した…。恨みや憎しみっていうのは、本当に恐ろしいものね。確かにそこにあったはずの友情や正義感に勝ってしまうなんて。
江戸川コナン
いや…必ずしも憎しみが勝るわけじゃないよ。
灰原哀
え?
江戸川コナン
そこで友情や正義感を大事に思う人っつーのは、どんなに軽いものでも決して罪は犯さない。
灰原哀
……。
江戸川コナン
心から守りたい人や大事に思う人のために、ちょっとの恨みくらい耐えられるもんさ。
灰原哀
そう…かしらね。
江戸川コナン
現にお前がそうだろ。
灰原哀
え?
江戸川コナン
阿笠博士とか、元太とか光彦とか歩美とか…
灰原哀
な、なによ…
江戸川コナン
照れてんじゃねーよ、どうせ守ってやりたいとか思ってんだろ?
灰原哀
べ、別にそんなこと…
江戸川コナン
今が楽しいなら、それで良いんだよ。
灰原哀
…確かに、組織にいた時よりも楽しいわよ。
江戸川コナン
意外とあっさり認めんのな。
灰原哀
…江戸川くんにとっての大切な人は、彼女かしら?
江戸川コナン
え?彼女って……ら、蘭のことか…?
灰原哀
今さら否定したって無駄よ。
江戸川コナン
否定なんて…しねえよ。
灰原哀
……あそ。
江戸川コナン
お前から聞いといてつまんなそうな返事すんなよ。
灰原哀