ひとり劇場

I knew you ware Trouble4

3の続きです。

I knew you ware Trouble4
次の日の昼、エイディンの家で目が覚めた私は外の騒ぎに気がつく。激しくノックされている。叫び声も聞こえた。
エレナ
エイディン…ねえ、エイディン……エイディンってば!
隣で寝ていたエイディンを、揺れ起こす。エイディンは寝ぼけ眼で体を起こした。
エイディン
ん……なに…
エレナ
誰か来てるよ…ねえ…
エイディン
え…?
エイディンは目をこすり、ベッドから降りると、窓の方へ行きカーテンを開けた。
エイディン
…まじかよ。
エレナ
な、なに…?どうしたの?
エイディン
お前はここにいろ。
エイディンは素早く服を着ると、慌てた様子で玄関に走っていった。
気になった私は窓から外の様子を見ると、そこには4人の男の人がいた。その人たちが怒っているのは一目瞭然だった。
知り合い
よう、エイディン。
エイディン
…どうしたんすか、先輩。お仲間さんもいるみたいで。
知り合い
それはお前がよくわかってんだろ?
エイディン
何のことっすかね。
知り合い
…そこに止まってる車かっけえな?自慢してんだか知らねえけどよ。誰の車か教えてくんねえかなー?
エイディン
…すいません、すぐ返そうと思ったんすよ?でもかっけえから…
知り合い
ただそこに止まってるだけなら俺だって怒んねえよ。でもなぁ…?
4人のうちの1人とエイディンはずっと話していた。そしてその男は車の傷ついた部分に指をさした。
エイディン
…あっれ…いつの間に…
知り合い
殺されてぇのか?とぼけてんじゃねえぞ。
エイディン
とぼけるって、意味わかんないっすよ。いや、ほんとごめんなさい、気づかなくって…
知り合い
…いいよ、警察に連絡する。
エイディン
なっ………何でっすか…
エイディンの顔が青ざめた。顔は笑っているが、全く楽しそうではない。
知り合い
お前昔…人殺したんだろ?
エレナ
えっ…
部屋の中で1人、声を出した。血の気が引いて全身の力も抜けていく。私はその場でしゃがみこんだ。しかしすぐ体を起こし、再び窓の外を見ていた。
エイディン
何で…そう思うんすか?
知り合い
昨日俺の家に来たんだよね、警察が。…身に覚えあんだろ?
エイディン
ハハッ…冗談やめてくださいよ。
知り合い
悪いけど俺は冗談言えるような気分じゃない。正直にお前が話してくれれば通報しないつもりだったけど…
エイディン
………。
知り合い
悪いな。
気付くとすぐそばにパトカーが一台止まっていて、中から昨日の警察が来ていた。
警察
やぁ、エイディン。のこのこと家に帰ってくるなんて案外バカなんだなぁ。
エイディン
まじかよ…
警察
とりあえず一緒に来てもらおうか。
エイディンは抵抗しなかった。大人しく警官に手錠をかけられ、パトカーへ向かっていった。その様子を、男たちは笑いながら見ている。
最近のエイディンはおかしくて、私は恐怖感や不信感を覚えていたけれど、以前よりも楽しそうにしていたのも事実だ。もしかしたらこれが、エイディンの本性なのかもしれないと思った時、このままエイディンから離れるべきなんじゃないかと考えた。
でも、それでも、あの日の自分を救ってくれたエイディンの優しさが忘れられなかった。あのとき、私はエイディンと一緒に生きると決めた。だから例え、エイディンの本性が飛んだ暴れ馬だったとしても、私はエイディンを裏切ってはいけない気がした。
エレナ
待って!!
気付いたら外に出ていた。
エイディン
……エレナ、出てくるなって…!
エレナ
私、ずっと待ってるから…だから…
エイディン
お前…俺が何したか分かってねえだろ?
エレナ
いいよ別に…知ってても知らなくても、私は変わらないから。
エイディン
……あ、そう。
エイディンは私に向けていた顔を逸らし、警官と一緒にパトカーに入ると、パトカーは行ってしまった。
最後、エイディンは微かに微笑んでいた気がした。
知り合い
お前、肝座ってんな。
エレナ
え?
知り合い
普通、あんな奴捨ててどっか行っちまうもんだろ。
エレナ
…エイディンは大切な人だから。…エイディンしか、いないから…
知り合い
…あんな奴といても、トラブルに巻き込まれるだけだろ。
エレナ
そう…ですね…
知り合い
とりあえず、車は返してもらうぜ。あいつ帰って来たら、2度と顔出すなって言っとけ。
男たちは乗って来た車の後ろに、赤のオープンカーをフックで付けると、さっさとその場から去ってしまった。
5に続く。

1  

投稿日時:2017-05-21 18:25
投稿者:もーもん
閲覧数:35

↑このページの先頭に戻る