ひとり劇場

本者vs偽者(十四松編)

トド松と十四松が別れた後の十四松のお話、今回短くてごめんなさい。そろそろ察しが付く方が多いハズです。次はチョロ松編の予定です。

十四松
……トド松はおそ松兄さんと合流出来たかな…?
無事に逃げれたかな……?
十四松
……ごめんね、一松兄さん…
僕、相棒の事助けれなくて…
本当に、ごめんね………
十四松
だから、トド松は……
何があっても絶対守る…
ジュウシマツ
アハハ、馬鹿だね〜
偽者が僕に勝てると思うの〜?
十四松
勝てないとしても、たった一人の弟を守れた事になる!!
トド松は、僕のたった一人の弟だから!!
ジュウシマツ
アハハ、バカにも程が有るよ〜
直ぐに死んじゃうのがオチだよ〜?
十四松
確かにそうかもしれない
この偽者の僕がどれ程強いのかも分からないけど…
十四松
でも、弟を守り抜く事が出来るのには変わらないんだ
絶対にここを通すわけにはいかないんだ!!
ジュウシマツ
っ……!!
十四松
何があっても、僕は此処を退かないよ!!
十四松
ねぇ…一松兄さん…
まだ、もし、生きてるなら
また……野球付き合ってよ

この戦いが終わって、また皆で平和な日常を過ごして、皆で笑って、楽しんで
そんな日常に、戻ろう?
十四松
おそ松兄さん、また、一緒にいっぱい話そう?

カラ松兄さん、また一緒に、六つ子の歌を歌おう?

チョロ松兄さん、今度は僕もライブ行くのに付き合うから

一松兄さん、今度また猫と遊ぼう?
十四松
そして…トド松

また、一緒に…一緒に……

笑いたいね
十四松
っ…ぅ…あ…ッ
十四松
ギリギリと偽者が、首を絞めて来る、痛い、苦しい
ここで死ぬわけにはいかないのに
トドマツ
ねぇ、十四松兄さん
もし、また元の生活に戻れたら、沢山話そうね?
十四松
トド松…
一松
……今度くらいは、野球、付き合っても良いよ……
十四松
一松兄さん……
チョロ松
十四松も偶には野球ばっかりしてないで、ライブ観てみたら?
十四松
チョロ松兄さん……
カラ松
また、俺と十四松の素晴らしい歌を共に奏でようじゃないか
十四松
カラ松兄さん……
おそ松
十四松、お前はお前のままで良いんだよ?
無理して笑う事なんかねぇ
俺達は六つ子だよ?一人で溜め込んでないで長男様に相談しろよ〜?
十四松
おそ松兄さん……
十四松
ああ……これが走馬灯なのかな……、ああ……もう、おしまいなのかな……
十四松
………帰ろう、皆で、またあの日々に、帰ろう……
十四松


























































十四松
 
ジュウシマツ
……偽者は要らないんだよ
だって、見放したのは君達でしょ?
そうだよね……カラ松兄さん
ジュウシマツ


あぁ、もうおしまいだ
何処を行ってもおしまいだ
ジュウシマツ
君達が、カラ松兄さんを見放したんでしょう?
それなのに何故縋るの?分かんないよ、カラ松兄さんの気待ち、分かるの?
ジュウシマツ





































やんぬるかな

 

投稿日時:2017-05-19 19:28
投稿者:闇月@小説中毒者
閲覧数:43

↑このページの先頭に戻る