ひとり劇場

I knew you ware Trouble2

1の続きです。

I knew you ware Trouble2
カーブなどほとんどない、ほぼ真っ直ぐの道を壮大な景色をバックに走っていた。周りに他の車は無くて、まさに自由だった。
エイディン
フゥゥ!
エレナ
あははっ!
エイディン
やっぱ良いなー、この車。
エレナ
うん、気持ちいね。
オープンカーなので日差しを直に受けるも、止まることなくスピードを出して走り続けているので風を上半身に感じていた。
サングラスの奥に見えるエイディンの瞳が目一杯に笑っているのがわかった。
エレナ
ねえ、どこ行くの?
エイディン
え?いや、決めてないけど。
エレナ
えー!?
エイディン
ドライブデートだろ?
エレナ
そ、そうだけど…!
エイディン
金ねえんだ、我慢しろ。
エレナ
…わかったわよ。
エイディン
しょげんなって。
するとエイディンは私の頭をクシャクシャにした。そして徐々にスピードを上げていった。
エレナ
ちょ、ちょっと…速くない?
エイディン
いいから。
するとエイディンはハンドルから両手を離し、アクセルから足を離すとその足をそのまま座席の上に移動させた。
エイディンは体を起こし、両腕を横に広げて叫び声をあげた。
エイディン
フォぉぉおっ!!!!!
エレナ
ちょ、ちょっと!危ないよ!
思わずハンドルを掴むと、エイディンは私の方を見てニヤリと笑った。
エイディン
くそ気持ちいぜ?
全身に風を受けるエイディンは本当に楽しそうで、自分まで嬉しくなっていた。仕方なく黙ってハンドルを握り続けた。
……………
エイディン
よし、着いた。
エレナ
どこ行くか決めてなかったんじゃなかったの?
エイディン
さっき決めた。まあ、クラブハウスだけど。
エレナ
エイディンもこういうところ来るんだ…
意外だった。性格的にはクラブハウスに通っていてもおかしくないけれど、一緒に行くことも行った話を聞くこともなかったので勝手に、行かない人なのだと解釈していた。
カフェだったり安いレストランだったりショッピングモールだったり、デートにはそういうところにしか行ったことがなかったのだ。
エイディン
6時からバンド演奏あんだよ、ここ。知ってた?
エレナ
来ることないもん、知らないよ。
エイディン
エレナは来ないか、こういうとこ。
時刻はもうすでに6時を回っていた。激しいロックバンドの音が漏れている。エイディンはリズムに合わせて軽く体を動かしていた。
お店の扉を開けると思っているよりも遥かに大きな音が耳に入る。驚いて少し後ずさりしてしまったが、エイディンは構わずに奥に進んで行ったので着いて行った。
エレナ
エイディン?
エイディン
楽しいとこだから、大丈夫。
暗い空間の激しいライトの点滅の中で、たくさんの人たちが音楽のノリに合わせて体を揺らしていた。
慣れないので眩しくて仕方がない。
クラブの常連
こっち来て踊ろうぜ、姉ちゃん。
エレナ
えっ、ちょっと…
髪に赤のメッシュが入っていて、鼻と口に大きなピアスをつけているガタイの良い男の人が私の腕を掴んだ。
するとその腕を、エイディンが横から掴んだ。
クラブの常連
おぉ、エイディン!
エイディン
よっ。
男の人は私を掴む腕を離し、エイディンとハイタッチし、ハグをした。
クラブの常連
なんだよ、エイディンの女か?
エイディン
こういうとこ初めてなんだってよ。
クラブの常連
まじか、だったらここの楽しさ教えねえとなぁ!エイディン見本見せてやれよ!
エイディンは男の人の目を見て少し笑うと、叫びながら人混みをかき分けてステージの方まで行ってしまった。
エレナ
ちょ、ちょっとエイディン!
クラブの常連
お前さんはそこで見てろ、邪魔すんなよ?
彼もエイディンの後を追って行ってしまった。
遠くからエイディンの様子を見ていたが、いつもとは違う雰囲気のせいか、不安でいっぱいになっていた。
その不安は的中した。遠くのエイディンと目が合ったと思うと、エイディンはステージに上がり、バンドのボーカルが持つマイクを奪い取った。
エイディン
フォぉぉお!!!今夜は寝かせないぜえ?
こんなエイディン、見たことがない。知らないエイディンがそこにいて、どうしようもない不安が募っていた。
観客はエイディンの言葉に盛り上がっていたが、手ぶらのボーカルがエイディンに送っていた視線はとても痛かった。後ろのギターやベース、ドラムの人たちも演奏をやめてエイディンを睨んでいる。
エイディン
…おいおい、ライブはこれからだろ?ちゃんと演奏してくれよなあ?
エイディンはマイクに声を通してそう言った。その様子を見てボーカルの人が怒ったのは一目瞭然だった。
エレナ
ちょっと…エイディン…
ドラムの人がステージ裏に向かって手招きをした。すると間も無く強面の男の人2人がステージ上にやってきた。
エイディン
おおっと、ゲストかな?
エイディンはまだ笑っている。でもすぐにその笑顔は消えた。
1人の男の人はエイディンの両腕を片手で掴んだ。エイディンは抵抗したが、その人にはまるで効いていない。もう1人の男の人は、ステージを降りると、観客の人混みをかき分けて道を作っていた。
その道を、捕らえられたエイディンは歩かされた。周りの人に凝視されている。やがてエイディンは私の前にやってきた。
エレナ
エイディン…
エイディン
へへっ…
エレナ
なに、笑ってんのよ…
エイディンは店の外に追い出された。
しばらくすると、ライブは再開し、再び店内は盛り上がりを見せた。私はエイディンの後を追って店の外に出ると、エイディンの横顔が見えた。見えている側の頬が腫れてしまっていた。
エレナ
キャッ………
軽く悲鳴をあげる私にエイディンが気がつき、こっちを向いた。
エイディン
ごめんな。ちょっと調子乗った。
エレナ
バカ!ちょっと調子乗ったじゃない!
エイディン
ごめんって。
エレナ
怖かったんだから…もう、やめてよ…
エイディン
しょうがねえだろ?
エレナ
しょうがなくないったら!!
エイディン
…悪いって。
エイディンはそう言うと車に乗り込んでエンジンをかけた。
エイディン
…帰るぞ。
エレナ
…うん。
帰りの車内の会話はほとんど無かった。私が怒っているものあったけれどそれ以上にエイディンのただならぬ雰囲気に、私が気圧されていた。
それから1度私の家でエイディンの手当てをしてから、エイディンは自宅に帰った。
3へ続く。