ひとり劇場

エミヤが来たよ!

ぐだ子、X、嫁王がわちゃわちゃしてる話。長いです。

エミヤが来たよ!
ぐだ子
やったよ、みんな!
ヒロインX
え?
ヒロインX
何が、ですか……?
ぐだ子
ついに……
ぐだ子
ついにエミヤを召喚することに
成功したよ!
ネロ・ブライド
本当か⁉︎
ヒロインX
やりましたね、マスター!
ヒロインX
うちは料理が得意な英霊が
あまりいませんから……。
ヒロインX
明日から美味しいご飯を、毎日
食べられるんですね、マスターッ!
ぐだ子
……えっと……
ぐだ子
……うん。
ぐだ子
そう、だといいね。
ヒロインX
……え?
ネロ・ブライド
ネロ・ブライド
どうしたのだ、マスター。
ネロ・ブライド
随分歯切れが悪いようだが?
ぐだ子
あー、うん。
ぐだ子
あんまり、気にしないで……。
ネロ・ブライド
そうか?
ネロ・ブライド
余は楽しみにしていたのだぞ♪
ネロ・ブライド
あやつが作る料理は、
どれも絶品だからな!
ネロ・ブライド
来たのならば、ぜひっ!
ネロ・ブライド
あの見事な腕を
振るって貰わねばな!
ぐだ子
そ、そう……だね……。
ヒロインX
……マスター。
ぐだ子
……えっ?
ぐだ子
な、なに? X?
ヒロインX
何か、隠し事してませんか?
ぐだ子
へっ⁉︎
ネロ・ブライド
貴様!何を言い出すのだX!
ネロ・ブライド
余のマスターは隠し事などせぬっ!
ヒロインX
何を言ってるんですか、貴女は。
ヒロインX
マスターだって人間です。
隠し事の一つや二つはあるでしょう。
ヒロインX
ですが、今回は明らかに怪しい。
ヒロインX
英霊の召喚は成功したんでしょうが、何か確実に隠しています。
ぐだ子
そ、そんなこたぁないよッ!
ネロ・ブライド
ほれ見ろ!
ネロ・ブライド
マスターもこう言っているではないか!
ヒロインX