ひとり劇場

告白6

最後でここまで付き合って下さいましてありがとうございました

夕夏
告白6
好きです!
久也
.........
その、好きな女の子を想う気持ちはわかります!
でも
このままですと.........
久也く.........久也様は
閉じ籠ったまま!
なので私が全て.........
受けとめます!
(あのあと、久也くんは私の元に来て)
(全て話してくれた)
(でも、変な感じだった........彼は)
(好きだった女の子の話をしていた)
(その好きだった女の子が目の前にいるのに.........)
(正直.........辛かった、私がその女の子だと言いたかった)
(でもそうしたら、私が.........)
(だから私は.........)
女の子は決して裏切るとかそんなこと思ってませんよ.........
久也
.........
根拠はありません.........
でも.........
その女の子.........きっと.........きっと.........
(あ、あれ.........どうしちゃったんだろう.........)
(涙が.........)
久也
ふぅ.........
衣の頭をわしわししながら
あぅ~
久也
俺が.........
久也
俺がもっと早く気づいてあげれば.........
久也
あいつは
久也
死なずに済んだか?
それはわかりません.........
でも.........
これだけは言えます
...........................
..................
.........
ありがとう.........そして、だいすきだよ...........................
久也
.........
死のことより
久也様に会えたことに感謝
してます
本当に.........
本当に.........
僅かな人生でしたが
ありがとうございました!
頭を下げる
久也
なんで、お前が頭を下げてるんだよ.........
久也
でも、おかしいなぁ.........
久也
何も知らないのに.........
久也
くそっ.........
久也