ひとり劇場

試作品

櫻井 桜
今から王様ゲームを始めるわよ!
都之藻良 湊
王様ゲームとはなんぞや?
秋雨 夜那
当たりくじ1つと外れを人数分用意して、くじを引く。当たりくじを引いた人は番号を指定して1つだけ命令できる。命令された番号の人は必ずその命令を実行しなければならない。その名の通り王様になれるゲームのことだよ
都之藻良 湊
なるほど、楽しそうじゃの!
秋雨 夜那
皆あんまり羽目を外さないようにな
鬼柳 楓
ですよね、楽しくやりましょう
霧鷺 詩乃
ああ、節度をもってな
アンナロッタ・スレイ
アンタが一番節度ないでしょ!
神崎 ロゼット
めんどくせーな
秋雨 夜那
お母さんもたまには息抜きしても良いじゃないですか
神崎 ロゼット
…わーったよ。やりゃいいんだろ、やりゃあさ
神南 恋歌
ふふ、楽しそうですね
早月 桔梗
恋歌様が参加なされるのであれば、私も
都之藻良 黒夜
楽しそうな催しですね、私も混ぜてもらいます
櫻井 桜
よし!じゃあ、行くわよ!王様、だーれだ!
霧鷺 詩乃
(勝った!…王様を取るなど児戯にも等しいのだよ。私は当たりくじの割り箸の割れ目の形状を寸分違わず覚えている…!そして桜の割り箸はその形状からして三番だ。これで、三番にエッチをしろと命令をすれば…!)
櫻井 桜
ハズレかー。王様は誰?
霧鷺 詩乃
わた…!?!?!?
鬼柳 楓
わ、私です…
霧鷺 詩乃
(な…何…!?私の割り箸が…四番にすり変わっているだと…馬鹿な…こんな芸当ができるのは…)
都之藻良 黒夜
ふふ、詩乃はん?どないしました?遊びは遊び。それでも勝負事故、ずるはあきまへん。詩乃はんもそう思いますやろ?
霧鷺 詩乃
(黒夜…貴様かァ!)
櫻井 桜
ほら、早く命令を言いなさいよ
鬼柳 楓
命令と言われても…。で、では、四番の人は今日一日えっちな発言をしてはいけません!
秋雨 夜那
楓は優しいな
都之藻良 湊
なんじゃ、楓殿は欲がないのう
神崎 ロゼット
こんな命令で困るヤツいないだろ
霧鷺 詩乃
………
神南 恋歌
詩乃様…?お顔の色が優れないようですが…
霧鷺 詩乃
ああああああああああああああああああああああああああああああ
ナレーター
歪む…っ!詩乃の視界が歪んでいく…っ!ぐにゃあ、と歪む…っ!夢だった桜とのエッチ…っ!がっ!だめ…っ!王の命は絶対…っ!命令は命より重い…っ!引かねばゴミ…っ!引けなかった時点でゴミなのだ…っ!楓の善行が詩乃を地獄へと突き落とした…っ!正に悪夢…っ!詩乃、圧倒的生き地獄…っ!
アンナロッタ・スレイ
アハハ、罰が当たったのよ
櫻井 桜
ナイスよ、楓。はい、じゃ次。王様だーれだ!?
櫻井 桜
(フハハハハ!アンタらは甘いのよ!私は当たりの割り箸の位置を覚えているわ!金!金を寄越しなさい!)
櫻井 桜
王はアタ…!?!?!?
都之藻良 湊
拙者じゃあっ!
櫻井 桜
はああああっ!?
都之藻良 黒夜
桜はん?そないすっとんきょうな声を出してもうて。何かおかしなことでもあったんどす?
櫻井 桜
い、いや…別に…?
櫻井 桜
(なんで私が一番の割り箸を…どうして…?私は間違って、ない …!この王様ゲームは私の為のものなのに!課金とパチンコでボロボロになった財布を回復させるつもりだった!私は悪くねぇっ!私は悪くねぇっ!)
霧鷺 詩乃
(黒夜…また貴様か…)
都之藻良 湊
拙者の願いは!二番の者がわしにご馳走を作って食べさせるのじゃ!
アンナロッタ・スレイ
料理?うーん…仕方ないけど、ルールだもんね。得意じゃないけど、頑張るよ
霧鷺 詩乃
二番はアンナか…あっ…(察し)
都之藻良 湊
いっぱい作るのじゃぞ!
都之藻良 湊
ピクピク
ナレーター
湊は嘔吐した。必ず、かの邪智暴虐のアンナを除かなければならぬと決意した。湊には政治がわからぬ。は、湊は、異邦人である。平和を愛し、夜那と遊んで暮して来た。けれども食事に対しては、人一倍に敏感であった。
早月 桔梗
これが料理のつもりなのか…?気が狂ってる…
アンナロッタ・スレイ
仕方ないじゃない!レシピは見ながら作ったし、私は悪くないもん!
鬼柳 楓
助けてください!湊ちゃんが息をしていません!
神崎 ロゼット
何見て作ったらこんな暗黒物質みたいなもんができるんだよ…
都之藻良 黒夜
アンナはんの料理は湊の口には合わんかったみたいやね
櫻井 桜
ふん、自業自得ね。食い意地張ったバカは置いといて、王様だーれだ!?
神南 恋歌
私ですね
櫻井 桜
んもー!つまんなーい!私が王様になりたいのにぃ!
早月 桔梗
控えろ!恋歌様の麗しい命令が聞こえないだろ!
神南 恋歌
決まりました。では四番の方と七番の方は今日一日仲良く手を繋いで過ごしてください
早月 桔梗
流石は恋歌様です。俗物どもとは違い、常識的で公平な命令です
神南 恋歌
ありがとう、桔梗ちゃん
櫻井 桜
で、四番は?
神崎 ロゼット
オレだよ、七番は?
都之藻良 黒夜
私です。ロゼットはん、よろしゅう頼みます
神崎 ロゼット
ふざけんじゃねぇよ!誰がこんなやつと!
秋雨 夜那
母さん、恋歌の命令は無茶苦茶なものではないし、ここは、ね?
神崎 ロゼット
クソが…
都之藻良 黒夜
ロゼットはんの手、温かいですなぁ
神崎 ロゼット
知るかよ…
櫻井 桜
仲良くしなさいよね。じゃあ五回目!王様だーれだ!?
アンナロッタ・スレイ
私だよ
早月 桔梗
これであの汚物を食べさせられることは無さそうね
神南 恋歌
桔梗ちゃん、アンナ様に失礼だよ
早月 桔梗