ひとり劇場

「兄貴だから…」1

おそカラ多め。マフィア松。

カラ松
おいっ…ボス!いるか?
おそ松
なんだよ、いるって。
おそ松
ってかさ、二人の時はおそ松って呼べって言ってんじゃん。
カラ松
あぁ、忘れてた。いや、違う、そんなことはどうでもいい。
おそ松
何怒ってんだよ。兄貴は今、忙しいの。
カラ松
兄貴、また十四松を囮に使ったそうだな。もうやめろといっただろう。使うなら、俺を使えと…
おそ松
だって…お前使えんじゃん。
カラ松
は?じゃあ、十四松は使えないから、囮に使うって言うのか?
おそ松
ん?何早とちりしちゃってんのかな?そんなこと言ったら、十四松が可哀想だろ。なー?十四松。
十四松
兄さん…
カラ松
っ…いたのか十四松。 
おそ松
お前なぁ、いちいち俺のやり方に文句つけてくるけどさぁ、それが最善策だって分かんないの?
カラ松
だが…そしたら、十四松がっ…
おそ松
可哀想?そうか?だってさ、十四松だって馬鹿じゃない。どうして自分が囮に使われるかぐらい分かるさ。それをわざわざ言葉にしていったらもっと可哀想なのが分からないの?
十四松
もうっ…いいよ…兄さん…
おそ松
ほーら、泣いちゃった
カラ松
…くそ兄貴…
おそ松
何処いくの?
おそ松
例え兄弟でも、勝手な動きは許さないよ?
カラ松
離せ、ボス
おそ松
あーれ、何怒ってんの?いつからそんなに取っつきにくくなったっけ?
カラ松
兄貴もな。
十四松
おそ松兄さん…カラ松兄さん行っちゃったよ…
おそ松
あ?
おそ松
いつそう呼べっていった?もうおそ松はいない。ボスと呼べ
十四松
なぁ、カラ松。
十四松
お前の気持ちは分かんなくもないけど、組織にはルールってもんがいる。そうじゃないとまとまらないのが組織なんだよ。もし、お前が俺のルールを守れないと言うのなら、お前はもう俺の部下じゃない。

6  

投稿日時:2017-04-06 07:11
投稿者:柚井松
閲覧数:104

↑このページの先頭に戻る