ひとり劇場

不確かな絶対。

決して、皆満足笑顔のhappy end!!…などではありませんが、bad endにはしないよう務めたつもりです。不確かな、絶対の。約束のお話です。初回投稿作なので色々と可笑しな部分があるかと思いますが、見逃してやってください(*・ω・)*_ _))ペコリ

久しぶり、幾斗
幾斗
え…遥?どうして
どうして…って言われても、
よくわかんないけど…
幾斗
…そっか
うん
あ、あのね幾斗
幾斗
ん?
少し、昔話したい
幾斗
昔話?
あ、童話とかじゃなくって。
私達の、昔話なんだけど。
幾斗
思い出話…って事か
うん
幾斗
いいよ、久々だしな
ありがとう。
…あ、ねぇ。あれ覚えてる?
入学式の日のこと、
幾斗
なんかあったっけ
忘れちゃった?入学初日
幾斗、早速学校サボってたの
幾斗
そうだったか
そうだよ、お陰で次の日には
不良枠にいつの間にか入ってた
幾斗
……あーうん。
そうだった(笑)懐かしいな
うん。お陰で話しかけるの
凄い勇気いったんだよ
幾斗
あざっす
どういたしまして
幾斗
俺がどんなに遠ざけても
めげなかったよな
うん、頑張った
幾斗
うざかった
幾斗
(笑)
(笑)が無かったら
泣くとこだったよもう
幾斗
ごめん
幾斗
でもまぁ
幾斗
嬉しかったよ
え、
幾斗
反抗期とかだったのかもなw
あの時は上手く言えなかったけど
幾斗
ありがとう、遥
…そんな事、言ったって
今更許したりなんか、しないよ?
幾斗
わかってる
怒ってるんだから、ずっと
幾斗
うん
ほんと、ふざけないでって
思ったよ。
幾斗
ごめんね
幾斗
幾斗
うん
ねぇ、幾斗
幾斗
うん
幾斗
なんで幾斗は
幾斗
うん
なんであの時
幾斗
うん
約束…守ったの?
なんで何時も通り
無視してくれなかったの?
幾斗
…うん