ひとり劇場

病みと闇の話

病んでる人と死にたい人についてです。そんなことないと思う方もいると思いますが、私個人の意見ですので批判は勘弁してください。

D子
マジ無理
D子
死にたい
C美
本当の私はこんなじゃないの
C美
もっと悪い子なの
B音
誰も信じてない
B音
信じられない
A香
病んでる私
A香
みんなは愛されてるのに
私は愛されてないから
D子
死のう
C美
死のう
B音
死のう
A香
死のう
A香
 
A香
 
A香
 
A香
 
K里
と、このような事例は
K里
主に学校でよく見られます。
K里
ひとつめの台詞
『マジ無理』『死にたい』
K里
深層心理にある本音は…
D子
こう言えば誰かが私を
引き止めてくれる。
D子
生きる理由ができる。
K里
………………
K里
本当に死にたい人の八割は
誰にもなにも言わず
死んでいくんですよ。
K里
ふたつめの台詞
『本当の私はこんなじゃないの』
『もっと悪い子なの』
K里
深層心理にある本音。
C美
こんなんじゃないから私は
みんなとは違う
C美
ちゃんと考えてる特別な存在
K里
自分を徹底的に偽っている人は
そんなことすら言いません。
一種の厨二病ですね。
特別な存在はもっと奇異だと
思いますよ。
K里
みっつめの台詞
『誰も信じてない』
『信じられない』
K里
本音
B音
信じてるときもあるけど
信用しちゃだめ
B音
人間ゴミばっか
K里
まあ人間って、誰も信じないことはほぼ不可能なんですけどね。
ゴミな人間を信じてつきあっていけるのが勝者だと私は思います。
K里
よっつめの台詞
『病んでる私』
『みんなは愛されてるのに私は愛されてないから』
K里
本音は?
A香
愛されてない
A香
みんなが愛してくれない
K里
お答えしましょう。
85%の確率で人間は愛されてます。ほぼ必ず誰かに愛されているのです。
そしてそう思うのは、
あなたがみんなを愛してないからです。
K里
最後の言葉
K里
『死のう』
K里
なんにおいても、
死ぬことで物事から逃げるのは
最善の策であるとは
言えません。
どんなに辛く苦しくても、
生きて立ち向かうべきです。
K里
綺麗事なのかもしれませんし、
本当に死にたくなる時が
あるのも事実…
K里
それなら、死にたいあなたは
B音
じゃあ死ねば?
K里
と言われて喜んで死ねますか。
K里
喜べるのなら、死んで楽に
なってもいいと思います。
K里
人それぞれです。
生の意味を今一度、よく考えてみてください。
K里
病んでいるあなたは、
自分は本当に病んでいるのかと
確認してみてください。
鬱なのかどうか。
K里
不完全な病みは周囲を
無駄に不安にするだけです。
K里
最後の事例
A香
ムカつく、あいつ
C美
それなーw
D子
マジうざいよね~
A香
うちら病んでるんだから
ジョーシキ人のあいつには
なにも分からないでしょうよ
D子
うんうん
C美
あいつ死ねばいいのに
K里
 
K里
 
K里
 
K里
 
K里
はい。
K里
よくあるくだらん陰口ですね。
まあ円滑な人間関係を築く術の
ひとつでもあるので、人の悪口
を言っている点については何も
いわないことにします。
K里
問題は内容です。
K里
①自分たちは病んでいると
 思っている。
K里
②人に理解してもらえない
 と思っている。
K里
③他人の死を願っている。
K里
はい。不謹慎ですし愚かですね。
K里
 
K里
 
K里
本当に死にたいあなた、
K里
本当に病んでいるあなた、
K里
大丈夫です。きっと大丈夫。
K里