ひとり劇場

妄想邪ンヌ

邪ンヌと立香の絡みでこういうのあったらいいよなーっていうただの妄想

私にあるのは憎悪だけ
憎むことでしか存在できない
狂気の炎で身も心も燃やし尽くし
目に映るもの全てに憎悪する
そうしないと、そうでないと
「私」が「私」でいられなくなってしまう
だから私はいてはいけない
ここにいては、「私」は消えてしまう
あの時私を救わなかった何もかもに
愛した祖国にさえ憎悪した「私」は
どこにもいなくなってしまう
「私」が消えてしまえば
あいつは、なんて言うんだろう
ジャンヌ・オルタ
...ぐす
立香
お邪魔しまーす!オルター...っ、オルタ!?どうしたの!?
ジャンヌ・オルタ
...なんでこう間の悪い時に来るのよ、貴方は
立香
怪我した...?何かあった...?
ジャンヌ・オルタ
どちらでもないわ、気にしないで
ジャンヌ・オルタ
...ねぇ、「マスター」。
立香
...?どうしたの、オルタ?
ジャンヌ・オルタ
貴方は、「私」が消えてしまったらどう思う?
立香
消える...?そ、そんなの寂しいし、オルタがいなきゃ悲しいよ!
ジャンヌ・オルタ
...ありきたりな返しね。いいわ、何でもないの。今は一人にして
立香
やだ!
ジャンヌ・オルタ
これは私の問題なの。貴方にはどうすることも出来ないのよ?
立香
じゃあ、オルタが泣き止むまで傍にいる!
ジャンヌ・オルタ
...アンタ、ほんと子供みたいね...そんなことで私が喜ぶとでも?
立香
そんなのは知らない。...けど、「僕が」傍にいたいからいるんだよ。オルタのことはそれこそ関係ないよ
ジャンヌ・オルタ
そんなの...屁理屈じゃない...
立香
屁理屈でも何でもいいの!それに、オルタが消えそうなら僕が食い止めてみせるよ
ジャンヌ・オルタ
アンタねぇ...それ...カッコいいとでも...思ってるの?
立香
オルタのためなら僕は何だって出来るからさ
ジャンヌ・オルタ
アンタ...本当に馬鹿よ...大馬鹿よ...
立香
オルタ、僕は傍にいるよ。
ジャンヌ・オルタ
...ばか...ばかぁ!!
こいつの前でこんなに泣くなんて
子供みたい、何が復讐者だ
もう以前の「私」はどこにもいないのかも
こんなに暖かい気持ちなんて知らなかった
冷たい機械みたいな殺戮者
あの「私」がもういないのは少し寂しい
それでも
こいつのおかげで今の「私」があるんだ
ジャンヌ・オルタ
アンタなんて...大嫌いよ!!!ばか!!!
立香
わかったよ、ほらほら、なら僕の袖離して?
ジャンヌ・オルタ
うるさい!!
なら、それも「私」じゃないか
そんな簡単なことでよかった
前の「私」も、今の「私」も
全部が全部、「私」でよかったんだ
ジャンヌ・オルタ
...ばか
立香
はいはい
ここには今の「私」しかいない
なら、今の「私」を精一杯生きよう
たとえ、この戦いが終わったとしても
こいつは
過去の「私」も今の「私」も
そして、これからの「私」も
優しく受け入れてくれるから

2  

投稿日時:2017-03-26 22:06
投稿者:ラト
閲覧数:11

↑このページの先頭に戻る