ひとり劇場

ウミガメ/レストランの物語♪

高峯翠と春川宙によるウミガメのスープ2

高峯翠
ただいま…
春川宙
(そわそわ、そわそわっ)
高峯翠
問題出すね…?(そわそわ)
高峯翠
今回の問題、絶対春川くんならやばい展開になること間違いなしなんだ…
春川宙
HoHo〜♪それはそれは、楽しみだな〜?
高峯翠
いくね…?
高峯翠
【問題】
ある男がレストランに入り、店員に「水をください!」といったところ、その店員は男に銃を突きつけました。すると、その男は「ありがとうございました」といってレストランを去りました。
なぜ?
春川宙
【質問】そのお水は六甲の天然水?
高峯翠
????
高峯翠
いいえ
春川宙
【質問】そのお水は水道水?
高峯翠
お水はなんでも大丈夫だと思う…飲めたら…
春川宙
あっ、よく読んだら結局お水飲んでない!
春川宙
【質問】その男のひとと、店員さんはおなじ国のひと?
高峯翠
はい
春川宙
んん〜?むずかしいな〜?
春川宙
【質問】銃はほんもの?
高峯翠
はい
高峯翠
偽物でも大丈夫かもしれない…
春川宙
にせものでもだいじょうぶ(???)
春川宙
【質問】「」の言葉はそのままじゃないとだめ?
高峯翠
はい
春川宙
1回こたえる!
高峯翠
おぉ…(そわ)
春川宙
【回答】その日は36度を越える猛暑日…その男は所持金も底をつき、尽きかけた体力を振り絞ってある店に足を踏み入れた…。「水を…水をください!」
しかしお金を持っていないその男に売れる商品は無い…、その時!
店員は売り物の水鉄砲に水を入れると男の額に当て、引き金を引いたのです…!
なんということでしょう…!(〜ここでビフォーアフターのBGM〜)生き返ったように晴れやかな表情になった男は元気よく「ありがとうございました!」と頭を垂れてその店を去ったのです…。
高峯翠
壮大だ…(ぱちぱち)
春川宙
【質問】その日は猛暑日でしたか?
高峯翠
でも違う…
高峯翠
それを踏まえての質問なんだ…(ぷるぷる)
高峯翠
いいえ
春川宙
ううーん??なかなか難しいな〜?
春川宙
【質問】この二人以外に登場人物はいる?
春川宙
あっ、なんかひらめいたかも!
高峯翠
いいえ
高峯翠
おお…?
春川宙
【回答】ある男は毎日人を笑わせるのが生きがいで、初めて入るレストランでもまるで常連客のようにするのが日課でした。水をください!…そうドアを開けた瞬間叫んだ男の目に入ってきた光景は拳銃で店内を占拠する店員に扮した強盗でした。
店員がその男に気付き拳銃を突きつけてきた瞬間、口から出てきたのは「ありがとうございました!」の一言であった…情けない、しかし俺も命は惜しい…!男は震える足を叱咤し店を飛び出したのである…(to be continue)
春川宙
なんか今回の問題考えてると、どうしてもハードボイルドになるな〜?
春川宙
もっとポップに考えます!
高峯翠
なんだかすごいハードボイルド…
高峯翠
う、うん、とってもポップに考えてみて…
春川宙
宙は銃がいけないとおもう!
春川宙
宙の中のハードボイルドが刺激される!
春川宙
【質問】男はほんとうにお水が欲しかった?
高峯翠
だろうなって思った…
高峯翠
はい
春川宙
【質問】結局その男はお水飲めましたか??
高峯翠
いいえ
春川宙
【質問】ありがとうございました、は、本当にありがとうの気持ちで言った??
高峯翠
はい
春川宙
そっか〜脅されてなかったな〜?
春川宙
ああっ!宙の中のハードボイルドがうずくううう
春川宙
【回答】水をください!…そう言う男の手には銃が握られていた。生活に困窮する男にはもうこうするしかなかったのだ…。しかし震える手で銃を持つその手を掴んだのは警官ではなく男が脅していた店員だった。震える手からはいとも簡単に銃を奪い取られてしまい、覚悟を決めた男の手に掴まされたのは1本の水のペットボトル…。
持っていけ…、銃を突きつける店員の目はそう言っていた。「…ありがとうございました!」男は心の底からの感謝をその一言に込めると街中へ消えていった…。
春川宙
そして2秒で捕まる男、結局お水は飲めませんでした〜!とか!
春川宙
まって、ハードボイルド追い出すから!ディズニーピクサー連れてくるから!
春川宙
いまから宙は男をキツネ、店員をウサギにして考えます。
春川宙