ひとり劇場

それでも、世界は僕を中心に回っている。

素直じゃなくても許されたいはなし。 http://nico.ms/sm27620802

早乙女
“ 。ヨダンイナハ道ニ先ム進 ”
皆本
と、賢い先人達は 言った
京介
訳も分からず 広げた世界地図に
僕の名前はないんだ と知った
京介
( 多分君の名前も ないんだ )
兵部
と、鳥みたいな頭で悟った
皆本
ギリアム
二物を与えられた物の世界に 生きているんだ。
 
マリア
きっと きっと、
マリア
1つとして
京介
“同じモノ”
マリア
(は ない。)
マリア
きっと きっと、
マリア
“1つ”
シオン
に価値があるとは 限らない。
 
不二子
140文字で真理を突き、
皆本
“無言で引用する”
兵部
のは何様だ?
兵部
“ そんなものになりたくない ”
兵部
(と、ニーチェの真似をし損なう僕が何様だ)
シオン
そう 物分かりの良い振りをして
マリア
隅っこから 世界を 眺めていた。
シオン
どの隅にいても やっぱり世界は
マリア
( 歪んでいた。)
 
バレット
きっと きっと、
ティム
( 一人称視点のゲームだ)
きっと きっと、
悠里
我を思う故に 我があるんだ。
蹴って、
紅葉
割って、
真木
吐いて、
泣いて。
早乙女
切って、
伊 八號
酔って、
京介
飛んで、
不二子
落ちて。
全部、
犬神
全部、
宿木
無駄
菊池
なんだ
夏海
って、
宇津美