ひとり劇場

素直じゃなくてごめんなさい。

素直じゃない兵部とわがままが許されない子たちのはなし。

兵部
とりあえず 反省した
(ふりしとけばいいんでしょ? )
兵部
自分が悪かった点を説明しながら
紫穂
「次は絶対しません」って
「次はこうします」って
具体的に謝っとけば
もっといいんでしょ?
マリア
皆が前を 向いて進んだ
マリア
だから僕も 前を向いた
シオン
(そうだよどうせ 厭厭やっているよ)
シオン
素直なふりなら 僕に任せてください
マリア
(本当の僕なんて 君には分からないんだ)
マリア
心の中なら何を思っても 良いって思ってるよ
マリア
(そうして言えないことが増えていく)
 
真木
これがしたい
紅葉
あれが欲しい
けどそれはイヤ
って、いわゆる 世間一般でいう
「正直者(みっともない)」んでしょ?
賢木
空気読んで、
皆本
我慢して、
不二子
諦めて、
兵部
最後に残ったゴミみたいなのが
僕の素直な言葉(皆の欲しい言葉)なんでしょ?
マリア
“馬鹿正直”
賢木
「では、いつか壊れてしまう」
だから言った
悠里
(君に居なくなって欲しくないから)
 
マリア
たまに本当のことを 言って 後で後悔する
兵部
本当の君なんて 僕には分からないから
シオン
最初から口に出さない方が 結果的には辛くない
マリア
(そうして言うことすらも やめていったんだ)
兵部
気が付いたら「何か違う、こんなことが 言いたいわけじゃ ないんだ」って
ギリアム
(でももうどうでもいいや)
 
マリア
“完成したパズル”を“笑われ”たくなくて
マリア
誰にも見えない場所で ピースを吐き出した
シオン
あっちの嫌味な僕も、
マリア
こんなに弱音を 吐く僕も、
マリア
(全部同じで ほんとの僕なんだ)
 
不二子
「自分から言わなきゃ伝わらない」
なんて 全部、
ギリアム
全部!!
兵部
全部!!!
兵部
(本当は 分かってる)
今言ったことは全部
紫穂