ひとり劇場

輝く私たちのStage!

第2幕Ⅱ章

19:56
いおり
というわけで、前半メンバーでグループ作ったけど、どうする?
いおり
もうすぐ20時だけど。
みき
もうそろそろ、私はおやすみの時間なの。あふぅ
いおり
何でこんな早い時間から寝てるのよ! もう少し内容を詰めておきたいから、起きてなさい!
ちはや
そうね。私も今の発言は、少し自分勝手すぎると思うわ
やよい
でも、私も少し眠たいかもー
ちはや
それなら、明日にしましょう
ちはや
伊織もそれでいい?
いおり
べ、別に私は今日じゃなきゃダメだなんて言ってないわよ!
ちはや
じゃあ、今日はこれで。また、明日の夜にでも話しましょう。
やよい
はーい、おやすみなさい
いおり
おやすみ
みき
いやいや、ちょっと待つの!明らかにでこちゃんと千早さんの対応が美希とやよいで違うの!
あみ
ミキミキ
あみ
それはね、2人が三淑女だからだよー
みき
まこと
あと1人揃わなくて本当によかったね
あみ
本当にね
みき
??
19:56
はるか
よし。じゃあ、後半グループのミーティング始めます!
ひびき
はっくしゅん!
はるか
響ちゃん、風邪?
ひびき
違うぞー。何だろうな
りつこ
風邪だとしても、メッセージにくしゃみを書くのはおかしいし
ひびき
あ、もしかして、誰かが自分のことを噂してるんじゃないか!
りつこ
噂? そりゃされてるでしょう、アイドルなんだから。
はるか
それか、響ちゃんの好きなあの子かもよー(ニヤニヤ
ひびき
あ、
ひびき
あの子って誰だ!? 自分の好きな人なんて誰にも言ってな——じゃなくて、誰もいないぞ!
はるか
またまたー
たかね
はっきり申し上げましょう。今はそんな話をしている場合ではありません。
りつこ
……
あずさ
あらあら、ごもっともね
まみ
でも後半グループは、明日本格的に考えるらしいよ
りつこ
なら、こっちは今日中に決められるところから片付けていきましょう!
はるか
律子さん、張り合ってます?
りつこ
そうね。こうなったらもう勝負よ!前半の出来映えがどうであれ、後半だけで十分評価される舞台を作り上げようじゃない
はるか
ということは、ジャンルはやっぱり学園モノですよ、学園モノ!
まみ
お、面白そう
りつこ
え、何で学園モノ?
あずさ
本当、若返ったみたいで良いわね
たかね
実に趣がありますね
りつこ
みんな、ほんとにそれで良いの?
ひびき
自分は反対かな
ひびき
自分は、ライオンキングみたいに動物がいっぱい出てくるミュージカルがいいぞ
はるか
そっか
はるか
じゃあ、動物がいっぱい出てくる学園モノでどう?
ひびき
うーん
ひびき
それならOKかな
はるか
じゃあ、それで!
りつこ
待って。何で良い舞台を作るなら学園モノ、ってなるの?
りつこ
構想できてないなら適当に決めないでよ!
はるか
いやいや、私たち学生ですから! リアリティのある舞台作るなら学生が一番なんですよ
りつこ
春香、何となく分かってたけど、今日のあなたは私を少し馬鹿にしてるわよね?
たかね
諍いはお止め下さい
りつこ
うん、まあいいけど
りつこ
理屈も通ってるような気がするし
はるか
じゃあ、学園モノということで
ひびき
じゃあ、自分は用務員なー
はるか
お! それなら私は飼育室で飼われてるうさぎさんが良いな
あずさ
あら、じゃあ私は合格発表を見に来る中学三年の受験生で
りつこ
ちょっと待ちなさい! 肝心の生徒がいなくてどうするのよ!
リアリティはどこに行った!?
たかね
諍いはお止め下さい
りつこ
……確かに争っても何も生まれないものね
はるか
じゃあ、律子さんは先生で!
りつこ