ひとり劇場

うみねこ大会議Part1

音声をそれっぽく似せてみたけどやっぱりロノウェだけは無理かもしれない。ひらがなで書いたのは音声で読み上げる時の為です。続ける事にしました。

うみねこ大会議Part1.決戦
ベアトリーチェ
皆の者!いきなりだが会議を始める前に、少し変更をさせてもらう!
ベアトリーチェ
《シャノンは如何なる理由であっても処刑されない、なおかつ死ぬことは絶対に無い》
ベアトリーチェ
以上だ!
戦人
赤き真実?!
真里亞
え!?ベアト!?
さくたろう
うりゅ!
縁寿
うそ……!?
紗音
!!!
譲治
!!!!!!!
嘉音
なっ………!?
朱志香
なんだそれ?!
ラムダデルタ
初っ端からぶっ飛んでるわね〜〜
ベルンカステル
……
お師匠さま
……。
ロノウェ
(やはり、そうしましたか。
こちらは人数的に不利ですしねぇ)
ベアトリーチェ
(果たしてゲームマスターはどう来るか…様子見だな)
戦人
お前が赤き真実を使って…
そんな…!!また利用するのか!?
シャノンを!!!!
紗音
違います、
ベアトリーチェ様の身の潔白を証明すると、私から言い出した事で…
譲治
シャノン、それは本当かい!?
紗音
はい、譲治様。
朱志香
シャノン…ベアトリーチェが潔白なワケないだろ!?
今までされた事全部非道徳的で最低で…!!!!!
嘉音
そうだよ!!シャノン!!!
どうしちゃったんだよ!!!
紗音
確かに…酷いことはたくさんされました…でも、今回の事も全てベアトリーチェ様のせいだとは思えません。
嘉音
………シャノン、もしかして、操られてるのか!?
戦人
は?!まさか、そんなわけないだろ
真里亞
…ベアトはそんなことしないよ
縁寿
もし操っていたら、何のメリットがあるのかしらね
譲治
操られているようにはとてもじゃないけど見えない。
朱志香
はーーー、もう訳わかんねーぜ…
戦人
とりあえず…
なんでシャノンはそう思ったんだ?
紗音
先ほど、皆には内緒でベアトリーチェ様たちのお部屋に入ったのです。
戦人
な!!!なんで俺に言わなかったんだ!?
譲治
そうだよシャノン!!どうして僕にも教えてくれなかったんだ?!
ロノウェ
バトラ様に伝えてしまうと、怒られてしまい入るチャンスを逃してしまうからでしょうねえ…
紗音
譲治様には…心配をかけたくなくて。
譲治
シャノン………
紗音
それで、ベアトリーチェ様達の会話を目にしたら、
私達に対して悪意が感じられなくて、バトラくんに対して信じてもらいたい気持ちは本当なんだと分かって…
戦人
俺に?何を?
お師匠さま
…。
ベアトリーチェ
私が……この、
非道徳的で最低で悪シュミなゲームを
非常に好ましくないという事。

それと、私は犯人ではないしゲームマスターでも無いという事だ。
戦人
ふーん、じゃあ、証拠はあるのか?
ベアトリーチェ
もちろん、ある。
ベアトリーチェ
シャノン…任せたぞ。
紗音
はい!!
紗音
私は、代表者に立候補します!!
縁寿
なるほどね、シャノンさんに魔法をかけたのはそういう事だった訳ね。
朱志香
……でも待てよ、危なくないか?
もしベアトリーチェが魔法を解除したらシャノンちゃんは…
嘉音
…汚い魔女め
譲治
そもそも解除できるのか…?
真里亞
多分だけど解除とかできないと思うよ
戦人
なんでそう言い切れるんだ?
真里亞
たしか、赤き真実ってそのままの意味でしょ?その魔法をかけたらそのまま真実になる。
真里亞
その上から違う言葉で魔法をかける事はできると思うけど
真里亞
真里亞はベアトを信じる!うー!
戦人
(……まさか、
赤き真実をそんな風に使うとは……
思いもしなかったな…。)
戦人
(俺にはベアトリーチェに対抗する手段がない…前のはハンデとしてもらった青き真実を使わせてもらったが、ベアトリーチェには戦意が見られないし、戦う意味もない気がしてきた…)
戦人
(青き真実が仮に使えたとしても、それはベアトリーチェが犯人かつゲームマスターであれば有効だという話であって…)
戦人
(ベアトリーチェは最初から反論をしていた、自分の仕業ではないと…)
戦人