ひとり劇場

人間じゃない…?

ペシュタの居場所を捜し出せたメイサ達だが…

アテス
(音楽室に入る)
アテス
さて、リーデルがいつもいる場所に来てみたが…?
アテス
いない、以上!
ナノ
(美術室に入る)
ナノ
リーデル〜、どこなの〜
ナノ
いないの〜?
メイサ
(図書室に入る)
メイサ
(リーデル、最近図書室に行ってるって噂があったんだよな…)
メイサ
(いない、か…)
《物音》
メイサ
(ん?今物音がしたような…)
メイサ
(物音のした方へ近づいてみる)
メイサ
(リーデル…?)
リーデル?
…………
メイサ
リーデル…
リーデル?
…!
リーデル?
お前……何しに来た…
メイサ
…ペシュタ先輩は何処
リーデル?
…………
メイサ
答えて…
リーデル?
テメェには関係ねぇだろ
メイサ
関係あるよ…!
メイサ
…お願い…教えて…
リーデル?
…………
レナ
おいメイサ、あっちに誰か倒れてるぞ
メイサ
えっ…?
ペシュタ
…………
メイサ
ペシュタ先輩…!
リーデル?
…!
リーデル?
…チッ
メイサ
ペシュタ先輩…大丈夫ですか…?
ペシュタ
……ぅぅ…
レナ
まだ息はあるみてぇだ
メイサ
どうしたらいいんですか…?
リーデル?
…殺す(鎌を構える)
レナ
…俺はあいつをなんとかする、お前はペシュタを頼む
メイサ
…分かりました(ペシュタ先輩の所に行く)
リーデル?
させるか!(メイサを鎌で斬る)
メイサ
わっ!(避けるが、少し傷がついた)
レナ
リーデル、お前…!!(リーデルを殴り、壁に叩きつける)
リーデル?
ガッ!ゴホッ!(殴られ、叩きつけられる)
カヤノ
(図書室に走ってくる)
カヤノ
今、すごい音が聞こえましたが…
メイサ
あ、カヤノ先輩…
カヤノ
…おや、ペシュタさん、見つかったのですね
メイサ
あっ、はい…
リーデル?
テメェ…!!(レナを鎌で斬る)
レナ
(鎌で斬られる前に後ろに回り込み、リーデルの背中を蹴る)
リーデル?
ガハッ!(床に倒れ込む)
カヤノ
(あちらはあちらでこれまた凄い事に…)
ペシュタ
…………(意識がない)
カヤノ
とりあえず、ペシュタさんを保健室に連れて行きましょうか
メイサ
あ、はい…!(ペシュタ先輩を背負う)
リーデル?
…………
リーデル?
(姿が見えなくなる)
レナ
あ、おい!!
レナ
…クソッ
カヤノ
どうしました?レナさん
レナ
リーデルが消えた…
メイサ
(消えた…?!どうやって…?)
アテス
お?何々?
ナノ
ちくわ見つかったの〜?
メイサ
見つかりました…
ペシュタ
…………(メイサに背負われながら意識を失ってる)
ナノ
死んでるの…?
メイサ
…多分、気を失ってるだけでしょう…
メイサ
…しかし、レナ先輩…リーデルが消えたって……?
レナ
分かんねぇ…気づいた時には消えやがった…
メイサ
そんな………
レナ
あいつ…本当にリーデルなのか…?
メイサ
えっ…?
レナ
だって、あいつが鎌なんか持ってるの初めて見たし…
それに、あんな霧のように消えるなんて、人間じゃありえねぇだろ
メイサ
確かに…
メイサ