ひとり劇場

【あんスタ】姫宮桃李・fineのLINE

LINE→現実世界です。fineの皆がわちゃわちゃします。ある日、姫宮桃李が皆でLINEをしているところを何者かにさらわれてしまって…!?

グループLINE
姫宮桃李゚。*♡
ちょっと〜!弓弦、今どこにいるの!?
ロン毛
Amazing!おや、姫君からLINEとは…珍しいですねぇ…☆弓弦をお探しですか?
姫宮桃李゚。*♡
そうだよ、そうなんだよ!見てわかるでしょ!?日々樹先輩はしらない?
ロン毛
ええ、お見かけしませんでしたねぇ。いったいどこへ行かれたのでしょう?世界は謎に包まれていますねぇ☆
姫宮桃李゚。*♡
既読もつかないみたいだし…もう!どこに行っちゃったの!?僕を差し置いてどこかにいくなんてありえないんだけど!
☆英智さま☆
やあ、弓弦を探しているのかい?
姫宮桃李゚。*♡
あ、会長〜!!(^ ^)
姫宮桃李゚。*♡
そうそう、弓弦がいないの!会長も知らない?
ロン毛
英智まできてくださるとは、素晴らしい☆
☆英智さま☆
ああ、知らないよ。急用でもあるのかい?
姫宮桃李゚。*♡
そっか〜、会長も知らないのか…
姫宮桃李゚。*♡
ううん、急用ってほどでもないんだけどね…?
ロン毛
私が弓弦の情報を絞り込んで居場所を見つけて差し上げましょうか?とても面白いと思うのですが!いかがでしょう☆
姫宮桃李゚。*♡
ちょっと、ロン毛煩い!なんかどうせろくでもないことするんでしょ!?変なことしないでよね。(〃`・н・´〃)
弓弦
皆さま、こんにちは。
ロン毛
そうですか?いい考えだと思ったのですがねぇ…
ロン毛
これはこれは。弓弦ではないですか!
姫宮桃李゚。*♡
あーーー!きた!!ちょっと、どこにいるの!?
☆英智さま☆
弓弦、やっときたね。こんにちは。可愛い桃李が君を探していたんだよ。
弓弦
申し訳ございません、お坊ちゃま。ちょっと用がありまして、教室へ行っていたのです。
姫宮桃李゚。*♡
教室に?なにしてたのさ。
姫宮桃李゚。*♡
確か今日は、fineの皆で練習するからダンスルームで集合って言ってたよね?珍しく遅刻しないでボクが来たっていうのに、まだ誰もいないんだけど?
☆英智さま☆
僕はちょっと敬人に呼び出しをくらってね。
姫宮桃李゚。*♡
だから、暇つぶしにかくれんぼ付き合ってもらおうと思ったのに…電話も出ないんだもん
姫宮桃李゚。*♡
生徒会のお仕事なら仕方ないよね〜♪
弓弦
わたくしももうすぐ参りますのでしばしお待ちを。
ロン毛
姫君は暇をこじらせているのですね?ならば!私が今すぐ姫君の元へ駆けつけて一緒に仮面のダンスでも踊りましょう☆
姫宮桃李゚。*♡
気持ち悪いよ、日々樹先輩。やめて!
姫宮桃李゚。*♡
なんだよ、仮面のダンスって…絶対嫌だし!
☆英智さま☆
あはは、仮面のダンスか?面白そうだね。ぜひ一度見てみたいものだね、今度見せてもらおうかな?
姫宮桃李゚。*♡
だよね、ちょっと面白そう♪
ロン毛
そうですか…☆では共にお気に入りの仮面をつけて、美しく舞い踊ろうではありませんか!!
姫宮桃李゚。*♡
ちょっと、会長も一緒に踊るとまで言ってないでしょ!?
☆英智さま☆
仮面のダンスか。聞いたこたはないけれど、ダンスの参考にはなりそうだね。
姫宮桃李゚。*♡
うそ!?
ロン毛
Amazing!素晴らしい!!流石は我らの皇帝です☆話がわかりますねぇ、というわけで今から教室へ参りましょう☆お教えしますよ〜!
姫宮桃李゚。*♡
え、え、本当に踊るの!?本当に!?
姫宮桃李゚。*♡
ていうか、練習はどうするの!?
☆英智さま☆
練習なら、弓弦の用が終わるまで待とうじゃないか。待つにはちょっといい時間だと思うよ。
姫宮桃李゚。*♡
う〜ん、まあ、いっか。用事なら仕方ないも
〜現実世界〜
「用事なら仕方ないもんね。」そう、LINEに文字を打とうとした時だった。
姫宮 桃李
!?
突然、両目がシャットダウンした。温かくて、大きい何かでボクの両目を塞がれたようだった。びっくりした衝撃で、スマホに触ってしまったから、もしかしたら送信ボタンを押してしまったかもしれない。
姫宮 桃李
ひっ、なに!?なにをしたの!?
怖くなって、そのボクの目を塞ぐものを必死に剥がそうとした。すると、ボクの目を塞いでいるものが、誰がの手だということがわかった。
姫宮 桃李
誰!?誰なの!…って、ふわぁあ!?
ボクの目を塞いでいた手はそのまま、その人はボクをひょいと持ち上げた。
姫宮 桃李
ぼ、ボクをさらうなんて…いい度胸だ…!
怖がっている、なんてそんな風に思われたら最悪だし…ボクはじたばたして抵抗した。
ていうか、ボクがさらわれてることに誰も気づかないわけ!?
姫宮 桃李
(ああ、もう!こーゆー時に限ってなんで誰も助けてくれないの!?)
誰も助けてくれない。…そう、思ったらふいに泣きたくなった。…泣いたらだめだ。ボクは男の子なんだし…転校生とか、そーゆー女の子を守ってあげなきゃいけない立場なんだから。ボクは必死で涙をこらえた。
ガチャ…
ボクをさらった犯人は、どうやらボクをどこかの部屋に連れていったらしい。そして、ボクの目を塞いだまま、ボクを椅子に座らせた。
姫宮 桃李
タダじゃおかないんだからね…
うう、ボク殺されちゃうのかな…?それとも…人質!?
すると、犯人がボクの目を塞いでいる手を離した。
姫宮 桃李
…!?え…
…そこは、いつもと違う雰囲気の教室だった。
パーンとクラッカーのなる音。火薬の独特な臭い。
沢山の風船が飾られていて、目の前の黒板には「HAPPYBIRTHDAY!姫宮桃李!!」と書かれていた!
姫宮 桃李
よく見たら、会長もいて、弓弦もいて…って!ボクをさらったのはロン毛だったの!?
天祥院 英智
…桃李、お誕生日おめでとう。
会長は静かに言うと、にっこり笑ってボクの頭を撫でてくれた。
びっくりして、声も出せないでいると、今度はロン毛が
日々樹 渉