ひとり劇場

この世界に蔓延るもの達

東方のキャラなのは気にしないで下さい。実を言えば再投稿になります。拙い文ですが読んで頂けると嬉しいです。

ナレーション
時は20xx年。14年前に生物の突然変異によって現れたミュータントクリーチャー達に対抗するため、異端者と呼ばれる能力と魔力を持った者達が生まれた。これはミュータントクリーチャーと異端者達の物語である。
先生
篠宮君!ボケーとしない!
篠宮 竜
あ、はい。すみませんー。
神宮寺 陽愛
竜。大丈夫?最近ボーっとしてるけど。
篠宮 竜
あ?ああ。大丈夫だけど。
篠宮 竜
(確かに今あいつらの事を考えてたけど。こいつにそんなこと言えないからな。)
篠宮 竜
(あまり、俺に深く関わらないでほしい。神宮寺は寺の娘なんだから。それに、俺は異端者なんだし…)
ナレーション
竜は異端者であり、討伐数一位で異端者の中では名の知れた異端者である。しかし、あまり他の異端者と関わったことがない。
桐生 碧人
竜。竜。聞こえるか?
篠宮 竜
(ああ。聞こえるぞ。桐生)
桐生 碧人
すまないが、お前の近くにある森林。ちょうど北東の位置にある。そこに奴らが出た。討伐を願う。
篠宮 竜
(了解)
ナレーション
今のは異端者と研究者の連絡手段。意思の波長を合わせ、心で会話することが出来る。そして桐生は日本にいる研究者である。研究者とは異端者のサポートをする異端者のことである。世界に7人しかいない。
篠宮 竜
(ちっ。こういうときに出るんだよな。さて、時を止めてっと。)
ナレーション
竜の能力。時止め。ある一定の距離まで時を止めることが出来る。
篠宮 竜
(北東の位置って言ってたな。あの森林か?確かに気配を感じるな。よし。行くか。)
ナレーション
竜は窓に足をかけて空を飛び、北東の森林に向かった。異端者達は人とはかけ離れた体力と空を飛ぶ能力が備わっている。
篠宮 竜
ふう。着いたな。さてと、早速おでましか?
神崎 莉乃
……。
篠宮 竜
こいつだな。ちゃっちゃとやるか。それっ!
ナレーション
竜の右手には何処からか炎を纏う剣を出した。
竜の能力その2 創造。とある人から授かった能力。異端者は一人の異端者に能力を授けたり授かったりすることが出来る。
篠宮 竜
よし。このぐらいで死ぬだろう。転送装置をつけてっと。さっさと帰るか。
ナレーション
竜の時止めの最中に受けたダメージは時止め解除の際に一気に襲いかかってくる。転送装置とは、ミュータントクリーチャーを研究者の研究所へ送るための装置。
篠宮 竜
さてと。帰るとするか。
ナレーション
竜は、学校の窓から席に戻った。
篠宮 竜
ちゃんと転送装置つけたし、致死量のダメージも与えてあるから大丈夫だな。よし。能力封印!
神宮寺 陽愛
竜?聞いてるー?
篠宮 竜
あ、ああ。聞いてるよ。
神宮寺 陽愛
じゃあ、答えてよ。なんか隠してることでもあるの?
篠宮 竜
ないない。第一お前に話すこともないだろ。
神宮寺 陽愛
むっ。相変わらず冷めた態度だねー。
篠宮 竜
あっ
神宮寺 陽愛
ん?どうしたの?
篠宮 竜
いやなんでもない。
(転送装置に時間設定してなかったな…。桐生に悪いことしちまった。後で謝りにいこう。)
ナレーション
その頃桐生の研究所では…
神崎 莉乃
ぐああああっ!ぎゃうっ!
桐生 碧人
ん?なんだ?って竜の仕業か…。あれほど時間を設定しろと言ったのに。ちゃんと致死量ダメージは与えてるっぽいが、驚くからやめてほしいな。
神崎 莉乃
なになに?何事ー?
桐生 碧人
いや、竜がやらかしてきただけだ。問題ない。
神崎 莉乃
ふーん。そう。討伐数一位でもミスはするのねー。
ナレーション
時は進み、放課後…
篠宮 竜
今日部活無しだったよな…。(桐生の所にいくか。)
神宮寺 陽愛
えー。いいなー。こっちは部活あるよー。
篠宮 竜
そうか。頑張れ。
神宮寺 陽愛
うん。じゃあねー。竜。
篠宮 竜
ああ。じゃあな。
ナレーション
竜は家に帰った。
篠宮 竜
ただい…そういや、仕事だったか。
ナレーション
竜の両親は共働きであり、帰ってくるのは遅い。
篠宮 竜
全く…都合がいいって言ったらそれまでだけどな。さて、桐生の所へいくか。
ナレーション
竜はとある所にある竜の研究者に向かう。
篠宮 竜
おーい。桐生!いるかー?
桐生 碧人
居るよ。なんだ?詫びか?
篠宮 竜
ああ。そうなんだけど…。すまない。設定し忘れました。
桐生 碧人
まあ、いい。ちゃんと死んだからな。
神崎 莉乃
ちょっと驚いただけだしねー。
篠宮 竜
えーと、どなた様で?
桐生 碧人
そういや、竜は初対面か。俺のパートナー。神崎莉乃だ。
篠宮 竜
は…?研究者なのにパートナーとか初なんじゃないのか?
神崎 莉乃
そうだよー。私桐生君と結婚するのー。
篠宮 竜
なんか勘違いしてないか?
桐生 碧人
いや結婚はともかく、第一婚姻届が出せないからな。俺の所に血だらけでやってきたんだよ。俺が研究者じゃなかったら死んでたと思う。
篠宮 竜
なんで、そんな姿で…?つーか、年齢偽装してるのに婚姻届出せないのか?
桐生 碧人
ああ。年齢偽装にも限界があるからな。流石に婚姻届は出せない。これでもまだ14歳で竜と同い年だからな。
ナレーション
その後に桐生は間を置いてこう言った。
桐生 碧人
莉乃はな、襲われたんだ…。
篠宮 竜
誰にだ?もしかして…
桐生 碧人
ああ。奴等…ミュータントクリーチャー達にな。
篠宮 竜
なっ!そ、それでよく生きてたな…。
桐生 碧人
ああ。しかもここに歩いて来たんだから大したものだ。
篠宮 竜
…でも、家に帰らないのか?
神崎 莉乃
うん。だって家無いもの。お父さんもお母さんも居ないの。
篠宮 竜
そう…なのか。でもなんでこんな所に?
ナレーション
桐生の研究所はあまり人の寄り付かない深い森の中にある。空を飛べる異端者達は楽に来れるが、普通の人間では来れるようなところではない。
神崎 莉乃
飛ばされたの。あの化け物に投げられて、それでここに落ちたの。
篠宮 竜
本当…よく生きてたな。
桐生 碧人
当たり所が良かったみたいでな。俺の回復薬が無かったら死んでたのは確実だがな。
神崎 莉乃
だから、碧人には感謝してるの。それでパートナーになろうと思って。
篠宮 竜
そうか…。しかし、親が居ないんだよな?
神崎 莉乃
そうなの。お父さんは急死で…お母さんは過労で心がね…壊れちゃったの…。
篠宮 竜