ひとり劇場

ダークマタークッキー3

まだ最終回じゃないです。今回は赤司くんと黒子くんと青峰くんが良く出るかも…?長くてスイマセン!是非見てってね!

さてさて、青峰くんを誘って家庭科室にレッツゴー☆してるキセキの世代と幻のシックスマン御一行様~あ、わからない人は下にスクロールして1から見てくれると嬉しいな!桃ちゃんのクッキーどんなのだろw?それじゃあ、始まるよ~!
この物語は始まった時からキセキの世代、幻のシックスマンにとっては悲劇の始まりである…
青峰 大輝
……ハァ…
黒子 テツヤ
青峰くんため息をついては幸せが逃げてしまいますよ?
青峰 大輝
いいんだよ。どうせ今から俺の一生は終わるんだからよ。
黒子 テツヤ
そうですか。それじゃあ、会えるのも今日で最後ですね。さようなら。(ぺこり)
青峰 大輝
テツ…冗談はやめてくれって言ってくれよ…
黒子 テツヤ
赤司くん。
青峰 大輝
無視かよ!
赤司 征十郎
なんだい黒子?
黄瀬 涼太
青峰っち俺が構ってやるっスよ~
黒子 テツヤ
僕達はホントに食べないですむでしょうか。
青峰 大輝
お前になんか構ってもらいたくねぇよ!
赤司 征十郎
わからない。だが、俺もできるだけのことをするよ。
黄瀬 涼太
えぇーヒドイっす(泣
黒子 テツヤ
それじゃあ、赤司くんお願いしますね。
青峰 大輝
へっ。
赤司 征十郎
あぁ、まかせろ。それと……お前らさっきからうるさいんだが?(ハサミ片手に青峰と黄瀬を見ながら)
黒子 テツヤ
静かにしてください。(冷ややかな目で青峰くんと黄瀬くんを見ながら)
青峰 大輝
……何で俺がコイツが!
赤司 征十郎
なんだ?(ニコ
青峰 大輝
……悪かった。
黄瀬 涼太
ス…スイマセンっす~(泣
緑間 真太郎
アイツらはこれから桃井のお菓子を食べるというのに元気だな。←(やっと登場なのだよ)
紫原 敦
そうだね~まぁ、バカだからね~
緑間 真太郎
そうだな。(メガネカチャ)
家庭科室の前に到着٩( 'ω' )وテッテレ-
赤司 征十郎
なんか、匂いがやばいんだが。
黒子 テツヤ
……同じくです。
青峰 大輝
……クッキーの匂いじゃねぇだろ
黄瀬 涼太
……うぅ、ヤバイッスぅぅぅ~
緑間 真太郎
………(無言でただただメガネカチャカチャ)
紫原 敦
……モグモグ…(まいう棒で現実逃避)
赤司 征十郎
それじゃあ、行くぞ。
ガラッ)家庭科室に入る
家庭科室にはいったどぉぉぉ!テッテレ-٩( 'ω' )و
桃井 さつき
あ、みんな!一回呼びに行こうと思って屋上に行ったんだけど忘れ物しちゃって家庭科室に戻ってきたの!でも、入れ違いにならなくてよかった!
赤司 征十郎
そ…そうなのか。
桃井 さつき
フフフッ!じゃあ、クッキーどんどん食べてね!
赤司達の目の前には山積みの紫色のようなクッキーが……。
赤司 征十郎
………っ…。(クッキーを見ている)
黄瀬 涼太
ヒェ~………
黒子 テツヤ
………………(赤司と同じ状況)
緑間 真太郎
こ…これは…
紫原 敦
うわ~………
青峰 大輝
なんだよ…この紫の…
桃井 さつき
大丈夫大丈夫!見た目はダメだけど味は大丈夫だと思うから!
青峰 大輝