ひとり劇場

にゃーん

我が家のまゆちゃん
にゃーん
みそじ
あらあら、イカしたねこちゃーん
てとら
撫でてみたら?
みそじ
そ、そうね、飼い主との素敵な出会いが見込めるかも!
みそじ
そりゃ!ごしごしごしごし
我が家のまゆちゃん
に"ゃにゃーーーーん!
てとら
撫ですぎ撫ですぎ!
みそじ
そりゃああああ!ごしごしごしごし
我が家のまゆちゃん
に"ゃあああああん(激しいにゃ、私、どうにゃっちゃうにゃあああ!?
みそじ
ふんはぁ!
ああ!撫での摩擦で猫が発光しはじめた!
我が家のまゆちゃん
ぴかにゃああああん!
てとら
この猫がいれば…
どんな暗いところでも行ける!?
こうして一行は、町外れに存在する、かつて誰一人として挑む事のなかった、帰らずの洞窟を探検することとなった
我が家のまゆちゃん
みんな、にゃーに付いて来いにゃ
急に偉そうになったなぁ
てとら
光を発して自信がついたのね
みそじ
ああん、男らしいわぁ
我が家のまゆちゃん
みんな、止まるにゃ
みそじ
ど、どうしたの?まさか私に愛の告白!?
サンタ
ここから先は通さねえ
てとら
さ、山賊!?
ていうか、サンタだね
サンタ
この先に行きたくば、我がプレゼントを受け取ってからにしてもらおう!
てとら
つ、辻サンタ!?
みそじ
おっと、そのプレゼントは私が頂くわ、お返しはもちろん、あ❤︎た❤︎し❤︎
てとら
さすがみそじさん、さりげなく自分を売り込む!
さりげないかぁ?
我が家のまゆちゃん
にゃっ
なんということだろう、猫の必殺微塵爪により、サンタとみそじは微粒子レベルまで分解されてしまった
我が家のまゆちゃん
ふう、厄介な相手だった
だからって、殺さなくても…
我が家のまゆちゃん
殺してなどはいないにゃ
てとら
それはどういう…あああ!?
みそじ
ふっかーつ!
び、微粒子レベルまで分解された、サンタとみそじが一つになったぁ!?
みそじ
危なかったわ、私の「とにかく誰でもいいから合体したいパワー」がなければ、洞窟内を漂う塵になるところだった
てとら
てことは、サンタの能力を手に入れたってこと?
みそじ
そうよ、いい男はいねがー!
それサンタか!?
我が家のまゆちゃん
さあ、とっとと進むにゃ!
てとら
あ、先に進まれると
真っ暗になった
みそじ
ふふ、光はお肌の大敵、心地よい暗さ
てとら