ひとり劇場

ダークマタークッキー1

帝光時代、キセキの世代で桃井さんのクッキーを食べる事になったら?⚠️投稿者はキャラ全員大好きです。

赤司 征十郎
みんな、大変だ。
黒子 テツヤ
どうしたんですか?赤司くん
緑間 真太郎
どうしたのだよ赤司。
赤司 征十郎
桃井が差し入れがあるらしく家庭科室に取りに行った…。
緑間 真太郎
な!?
紫原 敦
あ~だからさっき、さっちんルンルン気分で廊下通ってたんだ~
黒子 テツヤ
紫原くん、止めるという考えは無かったんですか。
紫原 敦
え~だって食堂にまいう棒置いて行っちゃったんだもん~
赤司 征十郎
おい、お前らそんな事より、まずは桃井の差し入れだ。というか、青峰と黄瀬は何やってるんだ。
緑間 真太郎
黄瀬はいつも通り女に囲まれて来られないらしいぞ。
黒子 テツヤ
青峰くんはサボりですね。
赤司 征十郎
ほぉ、黄瀬も青峰も覚悟が出来ているようだな。(ハサミジョキン)
緑間 真太郎
あ…赤司!危ないのだよ!
紫原 敦
てかさ~話ズレてるんだけど~
赤司 征十郎
そうだった、俺としたことが。
黒子 テツヤ
あの、赤司くん。
赤司 征十郎
なんだ?
黒子 テツヤ
桃井さんは何を作ったんですか?
赤司 征十郎
悪い…それは聞いていないな。
緑間 真太郎
そういえば、さっき桃井がクラスの女子にクッキーの作り方を聞いていたのだよ。
赤司 征十郎
じゃあ、クッキーを作ったのか。さて、そのクッキーをどうするかな…
黒子 テツヤ
やっぱりここは我慢して食べるしか…。
紫原 敦
え~俺はムリムリ~黒ちん全部食べてくれていいよ~
黒子 テツヤ
紫原くん、桃井さんが折角作ってくれたんですから食べなくては失礼でしょう。
紫原 敦
え~
緑間 真太郎
まて、いい案があるのだよ。
赤司 征十郎
なんだ、緑間?
緑間 真太郎
青峰と黄瀬に食べさせればいいのだよ。
黒子 テツヤ
でも、どうやって食べさせるんですか?桃井さんが作りましたと言って食べる人は中々いないでしょう。青峰くんなんて特に…。
緑間 真太郎
確かにそうだな…。
赤司 征十郎
まぁ、そこは俺に任せろ。
赤司 征十郎
とりあえず、黄瀬の所に行くぞ。
黄瀬くんの所にとうちゃーく!٩( 'ω' )وテッテレ-
黄瀬 涼太
あれ~?黒子っち達どうしたんスカ?
緑間 真太郎
どうしたじゃないのだよ。
黒子 テツヤ
黄瀬くん、スイマセン。ご愁傷さまです。(緑間の後ろに隠れる)
紫原 敦
きせちんドンマイ~
赤司 征十郎
黄瀬…クッキー…食うよな?ゴゴゴ(ハサミ片手に謎の威圧)
黄瀬 涼太
ヒッ)た…食べるッス!喜んで食べさせてもらうッス!
赤司 征十郎
あぁ、それでいいぞ(ニコ
黄瀬 涼太
て、え?何のクッキーッスか?
黒子 テツヤ
桃井さんのです。
黄瀬 涼太