ひとり劇場

サングイス:エーデルヴァイス家の日常3

ユエの創作

カリタス
さあて、ルシア
ルシア
ロジャーにケーキをプレゼントするんだね。
カリタス
えぇ、レディたるものお菓子の一つ作れなくてどうします?
和泉
それで何故私まで…
カリタス
あらだって私はケーキどころか厨房に入った事すらないのよ?
ルシア
入る必要がないからね。ロゼッタの料理は美味しいし
和泉
不愉快だ。私はお前達を滅する為にいるんだ!
敵と戯れるか!!
カリタス
一時休戦の案を提案しますわ。
それにロジャーだって言ってたわよ。好きな女性が作るケーキが食べたいって
和泉
あ、あいつが?///
ルシア
ロジャー、きっと待ってる
和泉
し、しょうがないな。ロジャーがそこまで言うなら///
作ってあげないと可哀相だ。
カリタス
(ちょろいですわ)
ルシア
それで、最初は何をすればいいの?
カリタス
ふふーん、私は書斎でこんなの見つけましたわ!じゃあーん
和泉
バカか!?料理をまともに作った事ない奴が、こんな手の込んだ物作れるか!
カップケーキにするんだ。
カリタス
地味ですわね…
ルシア
うん、地味…
和泉
見た目より味の勝負だ。
まず、バターと砂糖を混ぜる。
カリタス
…ルシア混ぜて下さる?
ルシア
はい、姉様
和泉
次にミルクを少しずつ入れながら混ぜる
カリタス
ルシア、ミルク取って下さる?
ルシア
はい、姉様
和泉
小麦粉ふるいにかける
カリタス
けほっ、けほっ、ルシアー
ルシア
はい、姉様
和泉
待て!お前さっきからこいつにやらせるな!
カリタス
だってかき混ぜるの疲れますわ。
お茶にしませんか?
和泉
やる気あるのか!!
ないなら出て行け!
カリタス
ここは私の家ですわ!
ルシア
まあまあ、落ち着いて2人共
和泉
やはり魔族は害する種族だ。
プレゼントなどやめてしまえ!
カリタス
えぇ!やめますわ!野蛮な人とこれ以上一緒に居たくありませんもの!
ルシア
姉様、行っちゃった…
和泉
私も帰らせてもらう!
ルシア
え、待ってよ…この後どうすれば…って置いてかれた
ロジャー
なんだか騒がしいけど、何してるんだい?
ルシア
ロジャー…実は、姉様とズローパストルが喧嘩して…
ロジャー
和泉が来てたの!?どうして言わなかったの
ルシア
ごめんなさい…
ロジャー
あ、いや怒ってないよ。
ただ最近避ける様に会わないからさ…ハハ。
それで、厨房で何してたの?
ルシア
姉様とカップケーキ作り…もうやめちゃったみたいだけど
ロジャー
そっか、でも珍しいね。
お菓子はロゼッタにって言ってたのに
誰かにプレゼントとかかな?
ルシア
うん、ロジャーに作ろうと思ってた。
ロジャー
え!俺に?そうだったんだ。
ルシア
いつも貰ってばかりだからたまにはとか言ってたよ。
ロジャー
そっか、でも和泉とカリタスじゃあ水と油だから仲良くするなんてきっと無理だと思うけどな
ルシア
僕もそう思う。
ロジャー
はは、ルシアせっかくだから俺と作ろうか?
そして2人にプレゼントしよう
ルシア
ロジャー作れるの?
ロジャー
これでも1人暮らし長かったからね♪
生地はもう出来てるみたいだから後は焼いて飾り付けだね
ルシア
姉様には甘酸っぱいラズベリーソースにしたい
ロジャー
分かった。ちょっとラズベリーあるか見てくるね。
ルシア
ロジャー…ありがとう
ロジャー
どういたしまして、ルシアの分も作るからなんのソースがいい?
ルシア